【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!

【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!映画

東京ディズニーランド・ディズニーシーには、人気映画が元になったアトラクションがありますよね。

 

例を挙げると、トイ・ストーリーをテーマにした『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』や『トイ・ストーリーマニア!』やスターウォーズをテーマにした『スターツアーズ』など、他にもたくさんあります。

 

しかし、中にはアトラクションが原作になった映画というのもあります。

 

有名どころだと、『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、アトラクションの『カリブの海賊』を元にした映画です。

 

今回のブログでは、アトラクションが元になった実写映画を紹介します。

この記事で分かること

アトラクションが原作になった映画
アトラクションが原作になった映画のあらすじ
ディズニー映画を見る方法

アトラクションは知っていても映画は見たことがない、という方も多いかもしれません。

 

是非興味があれば見てみてほしいです。

【ディズニー映画が見れるオススメ動画配信サービス】

Disney+(ディズニープラス)(初回31日間無料)
・ディズニー作品だけが目的なら1番おすすめ!!

UNEXT(無料体験登録あり)
・作品数の多さが魅力的!アニメ、映画、ドラマなんでもある
・漫画や雑誌もある

AmazonPrime
・普段からAmazonを使うならオススメ
・音楽も聴ける

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!

【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!

東京ディズニーランド/東京ディズニーシーには、トイ・ストーリーをテーマにした『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』や『トイ・ストーリーマニア!』やスターウォーズをテーマにした『スターツアーズ』など、映画をテーマにしたアトラクションがあります。

 

多くのアトラクションが“映画→アトラクション”という感じで、先に映画などの原作が存在しています。

 

しかし、中にはその逆、“アトラクション→映画”というアトラクションが原作になった映画もあるのです。

 

ディズニーのアトラクションを元にした映画は、下記の作品があります。

アトラクション原作の映画

カントリーベアーズ
原作:カントリーベアシアター

パイレーツ・オブカリビアン
原作:カリブの海賊

ホーンテッドマンション
原作:ホーンテッドマンション

ジャングルクルーズ
原作:ジャングルクルーズ

各作品について、もう少し詳しく紹介していきます。

アトラクションの映画化①カントリーベアーズ:原作「カントリーベアシアター」

ディズニーアトラクションの映画化①カントリーベアーズ:原作「カントリーベアシアター」

18頭の個性豊かなクマたちがユーモア溢れるカントリー&ウエスタンを披露してくれる東京ディズニーランドにもあるアトラクション『カントリーベアシアター』。

 

人間顔負けの演奏、合間の映画に繰り広げられる楽しいおしゃべりを楽しめる人気のアトラクションです。

 

カントリーベアシアターを元にした映画に『カントリーベアーズ』という映画があります。

クマと人間が共存した世界が舞台の映画で、人間の家で暮らす11歳のクマ”ベアリー”。
クマでありながら人間の子の養子として育てられていたベアリーは、「本当の家族」を探すため、カントリーベア・ホールを目指す。
しかし、着いた矢先、カントリーベアホールは取り壊されようとしていることを知る。
取り壊しを回避するためヘンリーは「カントリーベア・バンド」の再結成ライブを提案します。

カントリーベア・シアターは音楽を楽しめるシアタータイプのアトラクションですが、映画の『カントリーベアーズ』でもたくさんの音楽を聴くことができます

 

キャラクター達の表情が豊かで喜怒哀楽が分かりやすく、本当に生きているみたいでした。

 

ほんわかハチャメチャのところがあり、笑いあり感動ありの作品です。

 

また、”ブライアン・セッツァー“や”エルト・ジョン“、”クィーン・ラティファ“といったガチ一流ミュージシャンも本人役で登場しています。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

アトラクションの映画化②パイレーツ・オブ・カリビアン:原作「カリブの海賊」

ディズニーアトラクションの映画化②パイレーツ・オブ・カリビアン:原作「カリブの海賊」

16~18世紀のカリブ海にタイムスリップし、ボートの上を飛びかう砲弾、巻き上がる水しぶき、怒鳴りあう海賊たちの荒々しい声をまじかで見ることができるアトラクション『カリブの海賊』。

 

オーディオアニマトロニクスという技術によって、まるで本物の人間かと見間違うくらいリアルな人形が登場するアトラクションで、いつ見ても驚かされます。

 

この『カリブの海賊』を元にした映画が、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズです。

“ジョニー・デップ”演じる”ジャック・スパロウ”を中心に、カリブ海の海賊、戦い、冒険が展開されるアドベンチャー作品。
17世紀のカリブ海を舞台に海賊が活躍するという「カリブの海賊」をもとに、キャラクターやストーリーは史実を元にしてはいるものの、映画オリジナルストーリーです。

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、アトラクションの実写映画化で最も成功した作品とも言えます。

 

ハラハラワクワクのストーリーと圧巻な映像表現はもちろんですが、なんといっても”ジャックスパロウ”という人気キャラクター生み出した作品

 

お茶目でドジですが、決めるところは決めるジャックスパロウのかっこよさに惹かれる方も多いのではないでしょうか。

 

2020年現在、全部で5作の作品が公開された超大作シリーズとなりました。

 

映画シリーズが人気になり、アトラクションを元にした映画ですが、『パイレーツカリビアン』要素がアトラクションの『カリブの海賊』に逆輸入されたほどです。

 

上海ディズニーのカリブの海賊なんかは、『パイレーツオブカリビアン』のストーリーを再現した内容となっています。

上海ディズニーの『カリブの海賊』がハンパない!日本と違いすぎる!!

アトラクションの映画化③ホーンテッド・マンション:原作「ホーンテッド・マンション」

ディズニーアトラクションの映画化③ホーンテッド・マンション:原作「ホーンテッド・マンション」

ホーンテッドマンション』は、999人の亡霊が住んでいる不気味な屋敷を舞台に、1000人目の仲間に亡霊たちがゲストを狙うというアトラクションです。

 

絵画が伸びる部屋やずっと目が合う胸像、半透明の亡霊など摩訶不思議な現象には、毎回驚かされます。

 

この『ホーンテッドマンション』は、2003年に”エディ・マーフィ”主演で映画化されています

不動産業を営む”ジム”(エディ・マーフィ)と妻の”サラ”(マーシャ・トマソン)は幸せな生活を送っていました。
ある日、エドワード・グレイシー邸の執事”ラムズリー”(テレンス・スタンプ)から「屋敷を売りたい」という申し出の電話が来ました。
しかし、相手が指定してきた日は家族旅行を計画していた日であり、愛する子供たちのためサラは断ろうとします。
ところが、仕事熱心であるジムはこれをチャンスと思い、旅行のついでにその屋敷も見ようと家族に言い訳をし、結局エドワード邸へと向かうのでした。
そこで次々と起こる怪現象!その昔、この屋敷にはある事件があったのです…。

あらすじだけ見るとホラー系で、怖そうな作品に見えますが、コメディ要素が多く「怖いホラー」ではなく「楽しいホラー」となっていますので、ホラーが苦手な方や子供でも楽しめる作品になっています。

 

作中では、水晶玉の”マダムレオタ(マダムリオッタ)”や歌を歌う石像”ザ・シンギング・バスツ”などアトラクション中で見かける面々も登場してます。

 

さらに、舞踏会のシーンや永遠に続く長い廊下など、アトラクション中と映画で似たような場面があります。

 

また、すでに一度映画化されているのですが、なんと新作として再映画化を米ディズニーが企画していると、米The Hollywood Reporterが独占で報じています。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ホーンテッドマンションのトリックの正体

ホーンテッドマンションのトリビア

アトラクションの映画化④ジャングルクルーズ:原作「ジャングルクルーズ」

ディズニーアトラクションの映画化④ジャングルクルーズ:原作「ジャングルクルーズ」

陽気な船頭さんのガイドするボートに乗り、動物や先住民がいる熱帯のジャングルを探検するアトラクション『ジャングルクルーズ』。

 

リアルな動物達や神秘的なジャングルを楽しめる他、船頭の軽快なトークも魅力となっています。

 

そんなジャングルクルーズが、2021年に実写映画が公開する予定です。

 

アマゾンのジャングルを冒険する内容で、不老不死の伝説<奇跡の花>をめぐる壮大なスケールの物語になるようで、すでに予告映像も公開されています。

「ジャングル・クルーズ」2021年出航!

 

スポンサーリンク

ディズニー映画が見れる動画配信サービス

ディズニー映画が見れる動画配信サービス

ディズニー映画が見られる動画配信サービスはいくつかありますが、私がオススメするのは以下の3つです。

【ディズニー映画が見れるオススメ動画配信サービス】

Disney+(ディズニープラス)(初回31日間無料)
・ディズニー作品だけが目的なら1番おすすめ!!

UNEXT(無料体験登録あり)
・作品数の多さが魅力的!アニメ、映画、ドラマなんでもある
・漫画や雑誌もある

AmazonPrime
・普段からAmazonを使うならオススメ
・音楽も聴ける

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

 

Disney+(ディズニープラス)であれば、月額料金を払えば、ディズニー/ピクサー映画が全て見放題となります。

 

更に今なら、初回登録から31日は無料で利用できます。

 

ディズニー/ピクサー映画以外に見たい映画やドラマが無い場合は、Disney+(ディズニープラス)に登録するのが良いでしょう。

Disney+(ディズニープラス)の登録はこちら

 

Disney+(ディズニープラス)以外だと、「U-NEXT」もオススメ。

 

月額1,990円(税抜)で140,000本の動画が見放題、20,000本の動画をレンタル可能とあるように、作品数が圧倒的に多いです。

 

また、電子書籍もあるので、漫画や雑誌も読むことができます。

 

ディズニー/ピクサー作品は見放題作品に入っていないものもあるので、別途レンタル料がかかってしまいますが、U-NEXTに登録しておけば他のVODを利用しなくても良いくらい作品数は網羅しています

U-NEXTの登録はこちら

 

普段から、Amazonを利用しているのであれば、AmazonPrimeもアリです。

 

Prime会員限定の商品セールなどもあったり、何かとお得なサービスとなっています。

AmazonPrimeの登録はこちら

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ:【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!

まとめ:【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!

東京ディズニーランド・ディズニーシーには、人気映画が元になったアトラクションがありますが、アトラクションが原作になった映画というのもあります。

アトラクション原作の映画

カントリーベアーズ
原作:カントリーベアシアター

パイレーツ・オブカリビアン
原作:カリブの海賊

ホーンテッドマンション
原作:ホーンテッドマンション

ジャングルクルーズ
原作:ジャングルクルーズ

アトラクション自体も面白いですが、映画も非常に楽しいものとなっています。

 

映画を見れば、またアトラクションに乗りたくなるはず!

 

また、今後どのアトラクションが映画化されるかも楽しみですね。

 

以上、【ディズニー】アトラクションが原作になった映画!パイレーツ以外にもある!!という記事でした。

【ディズニー映画が見れるオススメ動画配信サービス】

Disney+(ディズニープラス)(初回31日間無料)
・ディズニー作品だけが目的なら1番おすすめ!!

UNEXT(無料体験登録あり)
・作品数の多さが魅力的!アニメ、映画、ドラマなんでもある
・漫画や雑誌もある

AmazonPrime
・普段からAmazonを使うならオススメ
・音楽も聴ける

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました