【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】

【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】ディズニーランドパリ

ディズニーランドパリ(DLP)のディズニーランド・パークには、とにかく目立つゴツゴツの大きな岩山がそびえ立っています。

 

その正体は、東京ディズニーランドでもおなじみの絶叫系アトラクション『ビッグサンダーマウンテン』です。

 

岩山の見た目こそ日本のものとそっくりですが、アトラクションの内容は全く異なっていました

 

本ブログでは、ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンについて、日本との違い、乗った感想を紹介していきます。

この記事で分かること

DLPのビッグサンダーマウンテンについて
パリと日本のビッグサンダーマウンテンの違い
パリ版ビッグサンダーマウンテンに乗った感想

ディズニーランドパリに限ったことではありませんが、日本にもあるアトラクションと同じ名前でも、海外ディズニーでは内容が違っているということはよくあります。

 

日本にもあるし、と言って乗らないのはもったいないです!

スポンサーリンク

【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!

【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!

ビッグサンダーマウンテンと言えば、東京ディズニーランドの人気アトラクションの1つです。

 

廃坑となった鉱山を無人の機関車で縦横無尽に走る、スリル満点のジェットコースターとなっています。

 

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンも、アトラクションの外観である、ゴツゴツとした岩山こそそっくりですが、アトラクションの内容は全く別物でした。

 

まず、パリ版のビッグサンダーマウンテンは、アトラクションの「速さ」そして「長さ」が違います。

 

日本のビッグサンダーマウンテンの最高速度は時速約45km/h、対して、パリのビッグサンダーマウンテンの最高速度は約65km/h

東京ディズニーランドの速度ランキング

 

これは、東京ディズニーランドの『スプラッシュマウンテン』の最後の落下スピードとほぼ同じ速度。

 

そして、コースの全長が日本は約1000mなのに対し、パリ版ビッグサンダーマウンテンは全長約1500m

 

これは、世界のディズニーにあるビッグサンダーマウンテンで「最速」そして「最長」となっています。

 

それだけではなく、アトラクション中のアップダウンも多く、ディズニーランドパリのアトラクションでもトップクラスのスリルを味わうことができます

ディズニーランドパリの絶叫系ランキング

スポンサーリンク

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンについて

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンについて

ディズニーランドパリの『ビッグサンダーマウンテン』は、ディズニーランドパークのフロンティアランドにあります。

ビッグサンダーマウンテン

<タイプ>
・ライドタイプ

<場所>
・ディズニーランドパーク/フロンティアランド

<ファストパス>
・対応

<シングルライダー>
・なし

地図

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンの場所

引用:【公式】ディズニーランドパリ

待ち時間とファストパスについて

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンの待ち時間とファストパス

パリ版ビッグサンダーマウンテンは、ディズニーランドパリでもトップクラスに待ち時間が長くなるアトラクションです。

 

平日でも基本的に60分前後ピーク時は90分まで待ち時間が伸びることもあります。

 

休日になると、120分を超える待ち時間になることも珍しくありません。

 

ファストパス対応のアトラクションなので、積極的に利用して上手くパークを回れるよう計画するのがオススメです。

 

ファストパスを使わない場合は、開園直後ショーやパレード開催時は比較的空いているので狙い目となります。

パリのビッグサンダーマウンテンはシングルライダー非対応

日本のビッグサンダーマウンテンはシングルライダーに対応していますが、ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンはシングルライダー非対応です。

シングルライダーとは

人数の関係でアトラクションの乗り物にできた空席に1人で利用するゲストを優先的に案内するシステム

東京ディズニーリゾートでシングルライダー対応のアトラクション一覧

エクストラマジックタイム間は非稼働

ディズニーランドパリの直営ホテルに宿泊したゲストを対象に、『エクストラ・マジック・タイム』と呼ばれる特典があります。

 

エクストラ・マジック・タイムとは、一般の開園時間よりも1時間~1時間半程度前に、パークに入園できる特典です。

 

東京ディズニーリゾートの『ハッピー15エントリー』のようなものです。

ハッピー15エントリーのルール変更

 

エクストラ・マジック・タイムを利用すれば、通常よりも速く入場することができますが、残念ながらビッグサンダーマウンテンはエクストラ・マジック・タイム間は非稼働となっています。

 

アトラクションは動いていませんが、一般ゲストのオープン時間が近づくと、ビッグサンダーマウンテン待ちの人がフロンティアランドのゲート前に集まっています。

スポンサーリンク

日本とパリのビッグサンダーマウンテンの違い

日本とパリのビッグサンダーマウンテンの違い

日本とパリのビッグサンダーマウンテンは、名前こそ同じですが、色々と異なる点が多かったです。

 

特に、以下の3点については、日本のビッグサンダーとの差に驚きました。

日本とパリのビッグサンダーマウンテンの違い

アトラクションの速さと長さ
演出の違い
ライドショット対応
アトラクションのバッググラウンドストーリー

アトラクションの速さとコース長さ

先ほども紹介しましたが、日本とパリのビッグサンダーマウンテンでは、「速さ」と「コース長さ」が大きく違います。

日本とパリのビッグサンダーマウンテン

<最高速度>
・日本:約45km/h
・パリ:約65km/h

<コース長さ>
・日本:1000m
・パリ:1500m

最高速度は約20km/hの差ですが、体感するとかなりの速さを感じました。

 

また、コースが日本のビッグサンダーマウンテンより約500m長くなっています

 

日本のビッグサンダーマウンテンの感覚でアトラクションに乗ると、「まだ終わらないのか!?まだ終わらないのか!?」と想像の倍くらいの長さに感じました。

 

乗ってみて初めて「速さ」と「長さ」の違いを感じたので、ぜひ皆様にもパリ版ビッグサンダーマウンテンのスリルを体験していただきたいです。

 

世界最速・世界最長のビッグサンダーマウンテンは伊達ではありませんでした。

演出の違い

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンには、日本のビッグサンダーマウンテンにはない「演出」がいくつかありました。

 

まず、パリのビッグサンダーマウンテンは、河の真ん中の小島のような場所に存在し、アトラクション乗り場はその河の岸に位置しています。

 

そのため、アトラクションがスタートすると河の下にあるトンネルをくぐってビッグサンダーマウンテンのある小島に渡ります。

 

スタートと同時に真っ暗な水底トンネルを走る構成が、日本と異なっていてドキドキワクワクしました。

 

また、パリ版のビッグサンダーマウンテンには、プロジェクションマッピングを使った演出も用意されています

 

アトラクション中に坑道内に入ると、ダイナマイトが爆発してしまうのですが、プロジェクションマッピングの映像がとてもリアルで、スリル満点の大爆発でした。

 

そして、ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンには、大きな水しぶきを上げるスプラッシュポイントも存在します。

日本とパリのビッグサンダーマウンテンの演出の違い

水面ギリギリを走る感覚と、スプラッシュマウンテンのような水しぶきの演出は日本では体験できない貴重な体験です。
(スプラッシュマウンテンのようにずぶ濡れになることはありません)

ライドショット対応

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンは、ライドショット対応となっています。

 

怖くてそれどころじゃないかもしれませんが、余裕のある方はぜひ決め顔、(周りの迷惑にならない程度で)決めポーズを取ってみてください。

東京ディズニーリゾートで写真撮影のあるアトラクション

アトラクションのバッググラウンドストーリー

日本とパリのビッグサンダーマウンテンのバッググラウンドストーリーの違い

日本とパリで、ビッグサンダーマウンテンのバッググラウンドストーリーが少々違っています

【日本のビッグサンダーマウンテンのストーリー】

舞台はアメリカのカリフォルニア州。1840年代のゴールドラッシュ時代、一攫千金を狙うために「ビッグサンダーマウンテン」に訪れる。

先住民たちが「ビッグサンダー・マウンテンには精霊や神々が住んでいて、掘り続ければ災いが起こる」と警告をしますが、開拓者たちは彼らの警告を無視してしまいます。ついには、「ビッグサンダー・マイニングカンパニー」という鉱山会社まで設立し、企業的な採掘も開始することに。

ところが、以降鉱山では謎の事故が多発、無人の鉱山列車が暴走しているという噂までたち始めました。
それ以来、ビッグサンダー・マウンテンは、勇敢な開拓者ではないと入るのが難しいくらい危険な鉱山として恐れられています。
【パリのビッグサンダーマウンテンのストーリー】

舞台はアメリカ西部の町サンダーメサ。ヘンリー・レイブンスォード卿がビッグサンダー・マウンテンに金鉱山を発見。

羽ばたきで大地を揺らす山の神”サンダーバード”の怒りを恐れる先住民の警告を無視し、ヘンリーは鉱山開発会社「サンダー・メサ・マイニング・カンパニー」を設立します。

会社の設立によって街は発展していきますが、ビッグサンダーの怒りなのか巨大地震が発生。
街は壊滅、鉱山も廃鉱となってしまいました。

ストーリーに若干違いがありますが、共通しているのは、先住民の忠告を無視して身勝手な行動をしてしまったということですね。

スポンサーリンク

パリ版ビッグサンダーマウンテンに乗った感想

パリ版ビッグサンダーマウンテンに乗った感想

ディズニーランドパリに行く前に、各アトラクションの混雑具合や待ち時間を調べたり、ある程度の事前情報を得た状態でパリ版のビッグサンダーマウンテンに乗りましたが、乗った感想としては予想の倍楽しかったです。

 

ビッグサンダーマウンテンが河の真ん中にあるので、小舟か地下通路で行くのかと思ったら、まさか岸が乗り場でした

 

なので、スタート同時に水底トンネルを走りだした時は、ドキドキとワクワクが停まりませんでした。

 

プロジェクションマッピングや水しぶきの演出も、暴走列車のスリルを引き立たせていて、とにかく迫力が段違い!

 

何度乗っても飽きない造りになっているなと感じました。

 

そして、なんといってもアトラクションの「速度」と「コースの長さ」が印象的でした。

 

日本のビッグサンダーマウンテンに乗る感覚で挑むと、まずスピードの違いにビックリすると思います。

 

水底トンネルを抜けた後に列車の暴走が始まるのですが、「うわっ!はやっ!!」と圧倒されました。

 

買えりの水底トンネルもスピードがなかなか落ちないので、暗闇を猛スピードで走ることになります。

 

コースの全長が伸びたことで、「まだ終わらないのか!?」とスリルを感じる時間が増え、乗り終わった後に疲労感を感じました。

 

2回目に乗った時は、ある程度気持ちの余裕ができたので、景色も楽しむことができました。

 

アトラクション中の2回目の上昇で最高部に到着した時には、パークの景色を一望できます

 

ぜひ余裕のある方は、景色も楽しんでみてください。

スポンサーリンク

まとめ:【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】

まとめ:【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】

ディズニーランドパリのビッグサンダーマウンテンは、プロジェクションマッピングや水しぶきといった、日本にはない演出が用意されていて、初めて乗るドキドキと何度乗っても楽しめる作りだと思いました。

 

また、アトラクションの「速さ」そして「コースの長さ」は、世界一!

 

日本のビッグサンダーマウンテンでは味わえない「スリル」を堪能できます。

 

日本にもあるアトラクションだからといって、乗らないのは勿体ないです。

 

ディズニーランドパリに行ったときは、是非検討してみてください。

 

以上、【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】という記事でした。

パリディズニーの絶叫系アトラクションランキング!日本の倍怖い...
ディズニーランドパリ(DLP)のアトラクションは、絶叫系アトラクションが充実しています。アトラクションと言えば「絶叫」!!スリルや爽快感を求めて方々にオススメ!。パリのディズニーのアトラクションを、実際に乗って怖いと感じた順にランキング形式で紹介します。
TDLのビッグサンダー・マウンテンは怖い?速度、落下はどのくらい?更に楽しむコツと隠れミッキーの真実
ディズニーランドのビッグサンダーマウンテン。絶叫系アトラクションですが、どれくらいの速度がでて、どれくらい落下するのか、怖いから乗れないという人もいると思います。でもそんな人でもコツさえ知っていれば楽しむことができます。ビッグサンダーマウンテンにも隠れミッキーが?
上海ディズニーランド怖いアトラクションランキングTOP5!絶叫系アトラクション紹介、絶叫苦手でも乗れる?
上海ディズニーランドには全25種類のアトラクションがあります。そのなかで、スリルを味わえる、「絶叫系アトラクション」に分類されるものを5つ。ランキング形式で紹介していきます。怖さレベルも付けていくので、絶叫系が苦手な人は乗れるかどうかの判断基準にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました