シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!ストーリーや小ネタなど注目ポイント紹介!

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!ストーリーや小ネタなど注目ポイント紹介!ディズニーシー

東京ディズニーシーのアトラクション『シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジ』。

 

シンドバッドとチャンドゥと一緒に冒険の旅を体験するアトラクションですが、ゆったりとしたアラブの雰囲気と素敵な音楽が多くのゲストに人気です。

 

激しい動きの多いディズニーシーなので、一息つきたい時などにシンドバッドを挟むという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、その『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』のストーリーや小ネタなど、アトラクションの魅力を紹介します。

この記事で分かること

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのストーリー
シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの小ネタ

アトラクションといえば、絶叫系に注目が集まりがちですが、シンドバッドにも何度も乗りたくなる要素がたくさんあります。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ / Sindbad's Storybook Voyage

スポンサーリンク

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』とは、東京ディズニーシーのアラビアンコーストにあるボート型のライドアトラクションです。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

<タイプ>
ライドタイプ

<ファストパス>
なし

<身長制限>
なし

<場所>
東京ディズニーシー/アラビアンコースト

<平均待ち時間>
平日:5~15分程度
休日:10~20分程度

●場所

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!

【公式】東京ディズニーリゾート

似たアトラクションとして、ディズニーランドの『イッツ・ア・スモールワールド』もボート型のライドアトラクションとなっています。

 

船乗りの”シンドバッド”と子トラの”チャンドゥ”と一緒に、宝物探しの冒険を体験するアトラクションです。

 

タワー・オブ・テラーセンター・オブ・ジ・アースのような絶叫系ではないので、小さなお子さんからお年寄りの方、絶叫系が苦手な方と幅広い層にオススメのアトラクションとなっています。

 

そんな『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』には、魅力的なポイントがたくさん!

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力

耳に残る!「コンパス・オブ・ユア・ハート」が素敵
臨場感のある演出で雰囲気バツグン!
パーク最多のオーディオアニマトロニクス

上記3つは、個人的に注目してほしいポイントです。上記3つについて、もう少し詳しく紹介します。

耳に残る名曲!「コンパス・オブ・ユア・ハート」が素敵

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』の最大の魅力と言ってもいいくらいのポイントは、なんといっても音楽です♪

 

このアトラクションでは、「コンパス・オブ・ユア・ハート」という曲を聴きながら進んでいくのですが、この曲がとにかく素敵!

 

人生は冒険だ。地図は無いけれど。宝物を探そう。信じてコンパス・オブ・ユア・ハート」という力強く前向きな歌詞と、壮大な音楽は聴く人を魅了します。

 

「コンパス・オブ・ユア・ハート」は、映画『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」や、映画『アラジン』の「ホール・ニュー・ワールド」を作曲したのは“アラン・メンケン”氏です。

 

そして、「コンパス・オブ・ユア・ハート」を歌っているのは“坂元健児”さんです。

 

坂元さんは、劇団四季で「ライオンキング」の初代シンバ役を演じていました。

 

アランメンケンの作ったメロディと坂本さんの素晴らしい歌声が合わさり、アトラクションというよりもミュージカルを見ている感覚になります。

 

また、ディズニーシーあるあるだと思うのですが、この「コンパス・オブ・ユア・ハート」は、一度聞けば耳に残る不思議な音楽です。

 

私はアトラクションから降りてしからも「人生~は冒険だー♪地図はなーいけれど~♪」としばらく頭の中で曲がループ再生しています。

ディズニーシーあるあるランキング!

臨場感のある演出で雰囲気バツグン!

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』では、光や音、匂いなど五感を刺激する特殊効果にも力を入れています

 

例えば、嵐の中船を進めるシーンではミストシャワーが噴き出してきます。(少量の水なので濡れることはありません)

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!

また、お猿がたくさん住む島でシンドバッドはお猿とセッションを行い、お礼に山盛りのバナナを貰います。

 

ゲストの乗るボートがバナナに近づくと、ほんのりバナナの香りが漂ってくるのです。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!バナナの匂い

アトラクション終盤ではフィナーレに花火が打ち上げられるのですが、打ち上げられてから空中で爆発までを照明を上手く使って花火を再現しています。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!LED花火

室内でここまで花火を再現するのか、と初めて見た時はビックリした思い出があります。

 

ただ見るだけではなく、五感を刺激する演出が加わっているので、本当に大海原を冒険している気分を味わうことができるのです。

 

この臨場感あふれる演出は、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジならではの大きな魅力のひとつだと思います。

パーク最多のオーディオアニマトロニクス

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!パーク最多のオーディオアニマトロニクス

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』では、まるで「本当に生きているのではないか」と勘違いするほど滑らからに動く人形たちが登場します。

 

シンドバットやチャンドゥ、海賊達やお猿さん達、たくさんの人形が出てきますが、これら全て”オーディオアニマトロニクス“という技術が使用されています。

オーディオ・アニマトロニクスとは?

オーディオ・アニマトロニクスとは、オーディオ(音楽)・アニメーション(動き)・エレクトロニクス(電子工学)を組み合わせた造語で、電子で音と動きに合わせて動くリアルな人形のことを指します。

1961年にウォルト・ディズニー・カンパニーによって商業的に用いられるようになり、1964年に商標登録されました。

世界のディズニーパークのアトラクションなどに導入されており、もちろん東京ディズニーリゾートにもたくさんのオーディオアニマトロニクスがあります。

「シンドバッドストーリーブックヴォヤッジ」の人形たちの他、「カリブの海賊」ジャックスパロウや「ホーンテッドマンション」のお化けたち、「イッツ・ア・スモールワールド」の人形たちもオーディオアニマトロニクスです。

オーディオアニマトロニクスというディズニーが作ったオリジナルのロボットが、音楽やセリフに合わせてピッタリと動くので、まるで生きているかのようなリアルさを見ることができます。

 

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジは、このオーディオアニマトロニクスが、パーク内で一番多く使われているアトラクションです。

 

人形たちのリアルな仕草、なめらかな動きに目がくぎ付けになってしまいます。

スポンサーリンク

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのストーリー

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのストーリー

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』は、船乗りのシンドバッドと子トラのチャンドゥが伝説の国々を冒険するストーリーとなっています。

 

冒険の途中で嵐に遭遇したり、盗賊を懲らしめたり、サルたちとセッションしたり、様々な困難や出会いを経験。

 

心のコンパス」を信じて冒険を続けたシンドバッドが最後に見つけた宝物とは…?

 

ワクワクとロマンあふれる物語となっています。

 

シンドバッドが登場する作品は、『千夜一夜物語』や『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』などがありますが、アトラクションはオリジナルのストーリーとなっているので、原作を知らなくても充分楽しめます

 

初めてでも楽しめるのも、『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』の良いところですね。

リニューアル前は今と違うストーリー構成だった

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』は2007年にリニューアルされており、リニューアル前は『シンドバッド・セブンヴォヤッジ』というアトラクションでした。

 

リニューアル前の『シンドバッド・セブンヴォヤッジ』はストーリー構成が今と異なり、原作の「千夜一夜物語」の物語を再現したストーリーとなっていました。

 

内容はシリアス面が多く、戦闘シーンなどもあるアトラクションだったのため、今とは雰囲気もかなり違っています。

 

リニューアル前は「コンパス・オブ・ユア・ハート」の音楽もありません

 

リニューアルをきっかけに雰囲気も明るくなり、「コンパス・オブ・ユア・ハート」も導入されました。

 

ちなみに、リニューアル前後でシンドバッドの声優も変わっており、以前は俳優で『トイ・ストーリー』のウッディ役でも知られている”唐沢寿明”さんでした。

 

現在『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』でシンドバッドを演じているのは”坂元健児”さんです。

スポンサーリンク

シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジの小ネタ

シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジの小ネタ

『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』では、ちょっとした小ネタ要素もあり、見つけるとちょっと嬉しくなります。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの小ネタ

隠れミッキーがいる
隠れアラジンと隠れジャスミンがいる
実はジャスミンのフライングカーペットとキューラインが繋がっている

シンドバッドに限らずですが、隠れミッキーなどの小ネタがあるのもディズニーの楽しいポイントですよね。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れミッキー

ディズニーには、壁や地面に丸3つが描かれた、いわゆる”隠れミッキー“があります。

 

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのいたる所にも隠れミッキーがあると言われています。

 

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れミッキーを3つ紹介します。(ネタバレになるので隠しました。タップ・クリックで見れます。)

アトラクションのキューライン(待機列)にいくつか絵が飾られています。

その中にシンドバッドと緑色の巨人が描かれた絵があります。

ここに描かれている緑の巨人の付近に隠れミッキーがいるので注目してみてください。

アトラクションのキューライン(待機列)にある絵でシンドバッドが像に乗っている絵があります。

その絵の左下、サルが描かれているところに注目すると隠れミッキーが描かれています。

アトラクションの途中で大きなクジラが登場します。

そのクジラの体にミッキー模様があるのです。

少々見えにくいですが、クジラの額あたりに注目してみてください。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れミッキー

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの隠れアラジンと隠れジャスミン

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジには、隠れミッキーだけではなく、隠れアラジンと隠れジャスミンもいます。

 

隠れアラジンと隠れじゃヤスミンの場所を紹介します(ネタバレになるので隠しました。タップ・クリックで見れます)

アトラクションの終盤、左側にロープの上で寝ているチャンドゥが見えてきます。

そのシーンでチャンドゥとシンドバッドの間に地図が立てかけてあるのですが、その地図をよく見ると魔法の絨毯に乗ったアラジンとジャスミンが描かれています。

シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジの隠れアラジンと隠れジャスミン

隠れミッキーも見つけたら嬉しいですが、他の隠れキャラクターを見つけた時は特別感が増しますね。

実はジャスミンのフライングカーペットとキューラインが繋がっている

シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジの小ネタ!ジャスミンのフライングカーペットのキューラインとつながっている

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのキューライン(待機列)とジャスミンのフライングカーペットのキューラインの間には扉が設置されています。

 

もともと、ジャスミンのフライングカーペットのキューラインは、シンドバッドのキューラインとして作られた場所でした。

 

キューラインを長めにつくったものの、シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジのリニューアル前アトラクション「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」が予想よりも人気が出ず、ジャスミンのフライングカーペットのキューラインとして使うようになったと言われています。

 

1回の乗車人数が多く、回転率が良いので行列ができにくいという理由もありそうですが。

スポンサーリンク

まとめ:シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!ストーリーや小ネタなど注目ポイント紹介!

まとめ:シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!ストーリーや小ネタなど注目ポイント紹介!

ディズニーシーのアトラクション『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』について紹介しました。

 

アトラクションの魅力が伝われば幸いです。

 

ソアリンやタワテラなんかと比べると、多少影の薄いアトラクションかもしれませんが、魅力的なポイントがたくさんあります。

 

隠れミッキーや隠れアラジン・ジャスミンもいたり、小ネタ要素も豊富でとっても楽しいアトラクションです。

 

比較的短い待ち時間で乗れるので、是非足を運んでみてください。

 

以上、【シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの魅力!ストーリーや小ネタなど注目ポイント紹介!】という記事でした。

乗り物酔いしやすい人でも東京ディズニーシーは楽しめます!酔いにくいアトラクションと対策法の紹介
乗り物酔いしやすいから東京ディズニーシーを楽しめるか不安。結論を言ってしまうと楽しめます。確かに絶叫系のアトラクションもありますが大丈夫です。乗り物酔いをしやすい人もアトラクションを楽しむための準備や予防、対策方法について紹介します。
ミラコスタ宿泊をオススメする理由!予約方法とコツも紹介【キャンセル拾いが狙い目】
ディズニー直営ホテルで1番人気のホテルミラコスタ。なぜ、ミラコスタがこれほどまでに人気なのかというと、宿泊をオススメする理由が多くあるからです。非常に予約は困難ですが、ミラコスタの予約を取るコツも紹介します。
ディズニーシーの新エリア『ファンタジースプリングス』にアナ雪、ラプンツェル、ピーターパンのアトラクションが登場
東京ディズニーシーの新エリア『ファンタジースプリングス』は、2023年度にオープン予定です。『アナ雪』、『ラプンツェル』、『ピーターパン』の3作品をテーマにしたエリア・アトラクションが登場します。新エリアの内容や場所、アトラクション、レストラン、ホテルについて現時点での情報をまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました