【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!レミー目線で楽しめる4DXアトラクション!

【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!レミー目線で楽しめる4DXアトラクション!ディズニーランドパリ

ディズニーランドパリ(DLP)の人気アトラクションの1つ『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』。

 

映画『レミーのおいしいレストラン』をテーマにしたアトラクションは、4DXライドとなっていて、映画の世界に入り込んだかのような体験を味わうことができます。

 

日本にはない、ディズニーランドパリでしか乗ることができないレミーのアトラクションの魅力を紹介していきます。

この記事で分かること

レミーのおいしいレストランのアトラクションについて
レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

映画『レミーのおいしいレストラン』の舞台はパリ。

 

レミーのおいしいレストランの本場にあるアトラクションだけあって雰囲気は抜群にピッタリでした。

 

ディズニーランドパリに行ったら絶対に乗っておきたいアトラクションの1つです。

スポンサーリンク

【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!

【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』は、ピクサー映画『レミーのおいしいレストラン』をテーマにしたアトラクションです。

 

アトラクションでは、ネズミ型のライドに乗って、映画にも登場するレストラン「グストー」を冒険する内容となっています。

 

レミーのアトラクションは”4DXアトラクション“となっており、東京ディズニーランドの「スターツアーズ」のような飛び出してくる3D映像に加えて、オーブンの熱や冷蔵庫の冷気、美味しそうな料理の匂いも感じることができます

 

アトラクション中は、まんまレミーの目線となっており、映画で見ていたであろうレミーが見た景色を楽しむことができます。

 

また、アトラクションは、東京ディズニーランドの『プーさんのハニーハント』のようにレールのない平面の道を進むトラックレス仕様となっているのに、上下の立体的な動きも感じることができました。

 

最新技術を盛りに盛り込んだアトラクションによって、映画のストーリー、世界観を完全に再現していました。

 

本当に凄い!!

 

レミーのおいしいレストランの世界を体全体で堪能することができます。

スポンサーリンク

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーについて

Ratatouille

『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』は、ディズニーランドパリのウォルトディズニースタジオにあるトゥーンスタジオにあります。

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー

<タイプ>
・ライドタイプ

<場所>
・ウォルトディズニースタジオ/トゥーンスタジオ

<ファストパス>
・対応

<シングルライダー>
・対応

地図

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーについて

引用:【公式】ディズニーランドパリ

レミーのアトラクションは、ウォルトディズニースタジオのエントランスから一番離れたところに位置しています。

 

レミーのアトラクションがあるエリアは、フランスのパリの街並みを再現した景観をしているのが特徴です。

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーについて

待ち時間とファストパスについて

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーの待ち時間とファストパスについて

『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』は、ディズニーランドパリでも特に人気のアトラクションということもあり、混雑していることが多いです。

 

平日でも60分前後、休日だと120分前後の待ち時間になります。

 

繁忙期には、待ち時間が更に伸びることが考えられます。

 

レミーのアトラクションは、ファストパス対応のアトラクションなので、待ち時間を節約するためにも積極的にファストパスを使っていきたいところです。

 

もし、ファストパスを使わない場合は、開園した直後の朝一であれば混雑する前に乗ることがきるのでオススメ

シングルライダー・エクストラマジックタイム対応

レミーのアトラクションは、シングルライダー対応のアトラクションです。

シングルライダーとは

人数の関係でアトラクションの乗り物にできた空席に1人で利用するゲストを優先的に案内するシステム

レミーのアトラクションのライドは、前3人、後ろ3人の6人乗りです。

 

前後の席が奇数のため、空席が出やすいので、シングルライダーの人がどんどん案内されます。

 

私が行ったときは、スタンバイが60分待ちなのに、シングルライダーが10分待ちでした。

 

待ち時間を節約したい場合は、シングルライダーを活用するのもオススメです。

 

家族や友人、恋人と隣同士で乗りたい場合は、スタンバイかファストパスを使って乗りましょう。

 

また、『エクストラ・マジック・タイム』でも稼働しているアトラクションです。

エクストラ・マジック・タイム

一般の開園時間よりも1時間~1時間半程度前にパークへ入園できる特典
直営ホテル宿泊者が対象。
東京ディズニーリゾートでいう「ハッピー15エントリー」のようなもの。

エクストラ・マジック・タイムを利用して朝一に乗りに行くのもオススメの手段。

映画『レミーのおいしいレストラン』について

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーは映画『レミーのおいしいレストラン』を見てから乗るべき

『レミーのおいしいレストラン』は2007年に公開されたピクサー・アニメーション・スタジオの長編アニメ映画です。

今は亡き天才シェフの”グストー”に憧れて、フランス料理のシェフになることを夢見るネズミ”レミー”と、レストラン「グストー」の見習いシェフとして働く”リングイニ”の1匹と1人の物語です。

料理の才能がなかった見習いシェフのリングイニは、ネズミだけど料理の才能があるレミーと協力してパリ一番のシェフを目指します。

レミーとリングイニが協力して作った料理は好評だったものの、レストラン「グストー」の現料理長の”スキニー”がそれをよく思いませんでした。
わざと難易度の高い料理を作らせたり、レミーの存在に気付くとねずみ駆除の衛生局を呼んだりと嫌がらせを始めます。

しかし、レストランの正式な後継者としてリングイニがオーナーとなり、スキニーは店を退くことになりました。

そんなある日、かつてレストラン「グストー」を酷評した料理評論家の”イーゴ”が再び来店。
はたして、レミーとリングイニはイーゴの満足する料理を作ることができるのか…。

 

もし、レミーのアトラクションに乗るなら、映画『レミーのおいしいレストラン』を見ておくことをオススメします。

 

レミーやリングイニはもちろん、映画に登場するキャラクターがアトラクションにも登場します。

 

レストランの厨房も映画で見たまんま、そのまま再現されていて、本当に映画の世界に入り込んだ感覚になりました。

 

スキニーとの壮絶なチェイスは、映画を見ているとスリルも満点です。

スポンサーリンク

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』は、レミーたちネズミ目線で楽しむアトラクションです。

 

アトラクションの内容はもちろん、アトラクションの外観や建物の中も見ていて楽しい場所でした。

 

レミーのアトラクションに乗った感想を、もう少し詳しく紹介します。

外観がパリのオシャレなレストラン

『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー」のあるエリア、トゥーンスタジオは、フランスのパリの街並みを再現した景観をしていました。

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

レミーのアトラクション周辺だけは、ディズニーの敷地内ということを忘れてパリの街にいる感覚になります。

 

アトラクションの看板もオシャレなレストランのようにも見えます。

屋内は映画で見た景色

キューライン(待機列)のある屋内では、映画でも登場するレストラン「グストー」の看板がありました。

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

一定間隔でグストーが動いたり喋ったりしています。

 

何種類かパターンがありました。

 

待ち時間も暇しませんでしたね。

レミー目線で楽しめる4DXアトラクション

レミーのアトラクションは、東京ディズニーランドのプーさんのハニーハントのようなライドでした。

 

プーさんはハチミツの壺型ですが、レミーのアトラクションは「ネズミ型」となっています。

レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーに乗った感想

そして乗車前には、東京ディズニーランドのスターツアーズのような3D眼鏡を装着。

 

レストラン「グストー」の屋根の上からスタートし、ねずみサイズになったゲストがレミーたちと一緒にグストーの厨房を駆け回ります。

 

グストーのシェフたちに気づかれないよう、そしてスキニーに捕まらないようレストラン中を疾走。

 

3D映像なので、それだけで迫力満点でした。

 

ただ、このレミーのアトラクションが凄いのは4DXアトラクションというところです。

 

オーブンの横を通ると熱を、冷蔵庫に近づくと冷気を感じ、美味しそうな料理がつかくにあると匂いも漂ってきます。

 

まさに体丸ごと映画に世界に行った感覚でした。

 

そしてもう一つ驚いたのが、プーさんのハニーハント同様レールのない平面を進むトラックレスなライドだったのに、上下の立体的な動きも感じられたことです。

 

アトラクションのすべてが映画の世界観、ストーリーを完全に再現していました。

 

外観、内容、全てが凄すぎました。

 

『レミーのおいしいレストラン』が好きな人はもちろん、レミーのおいしいレストランを見たことが無い人にも乗ってほしいアトラクションです。

乗り物酔いしやすい方は要注意

レミーのアトラクションは、絶叫度はそこまで高くないので、小さいお子さんでも楽しめると思います。

 

ただ、乗り物酔いしやすい方は注意が必要かなと感じました。

 

アトラクション中は、大画面に映し出された3D映像を見ることになるので、東京ディズニーリゾートのスターツアーズやシーライダーなどの3Dで酔ったという方は、レミーのアトラクションでも酔うと思います。

 

レミーのアトラクションに乗っている間に酔いを感じた時の対策方法としては、「あまりキョロキョロせず目線を1点に集める」、「目を瞑る」などがあります。

 

他にも、事前に「酔い止めを飲む」のもオススメです。

 

また、体調によっても酔いやすさが変わるので、寝不足や体調不良の時は乗るのを控えた方が良いでしょう。

 

そして、アトラクションに乗る前にお腹を一杯にしたり、空腹状態にせず適度に食事を取って中間状態にしておければベスト。

 

アトラクションに乗って酔ってしまった時に「唾液の出る食べ物」や「生姜系の食べ物」おすすめです。

 

飴やガムなど、唾液が分泌されると三半規管の調子が整うと言われています。

 

そして、生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールという成分が、吐き気を抑えたり、自立神経を整える効果があると言われています。

 

ショウガ湯を飲んで行ったり、ショウガ飴を持って行ったりすると良いと思います。

 

酔い対策は、レミーのアトラクションに限らず、他のアトラクションでも活用できるので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

レストラン「ビストロ・シェ・レミー」が併設!ラタトゥイユが美味しい!!

レミーのアトラクションの近くには、レストラン「ビストロ・シェ・レミー」が併設しています。

レストラン「ビストロ・シェ・レミー」が併設!ラタトゥイユが美味しい!!

「ビストロ・シェ・レミー」では、映画でも登場する料理”ラタトゥイユ”とおいしいコース料理を味わうことができます

 

レミーのアトラクションを体験したら、ぜひレストランにも足を運んでみてください。

 

ちなみに、アトラクションの降り口から、ビストロ・シェ・レミーの店内が覗けるようになっています。

スポンサーリンク

2021年にウォルトディズニーワールド(フロリダ)に導入予定

レミーのアトラクションは、現在ディズニーランドパリ/ウォルトディズニースタジオにしかありません。

 

しかし、2021年にウォルト・ディズニー・ワールド(フロリダ)のエプコットに導入予定となっています。

ディズニーランドパリ同様4DXアトラクションとなるようです。

スポンサーリンク

まとめ:【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!レミー目線で楽しめる4DXアトラクション!

まとめ:【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!レミー目線で楽しめる4DXアトラクション!

映画『レミーのおいしいレストラン』をテーマにしたアトラクション『レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー』について紹介しました。

 

レミーのおいしいレストランの本場にあるアトラクションだからか、特に力の入っているアトラクションのように感じました。

 

4DX仕様のアトラクションということもあり、映画の世界観をバッチリ再現していてい、レミーたちと同じ目線でレストランを駆け巡る感覚は、今までにない体験でした。

 

アトラクションのあるエリアもオシャレなパリの街並みになっていたり、アトラクションの内容以外も丁寧に作られていて凄いとしか言えませんでした。

 

ディズニーランドパリに行ったら絶対に乗りたいアトラクションの1つです。

 

以上、【DLP】レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーが凄い!!レミー目線で楽しめる4DXアトラクション!という記事でした。

【DLP】世界最速!最長!のビッグサンダーマウンテン!日本とは違う演出を楽しめる【感想】
ディズニーランドパリにあるビッグサンダーマウンテンは、海外パークで最速そして最長のコースとなっています。そして、プロジェクションマッピングや水しぶきなど、日本とは違った演出が用意されています。日本とパリの違いを含め、パリ版のビッグサンダーマウンテンを紹介します。
パリディズニーの絶叫系アトラクションランキング!日本の倍怖い...
ディズニーランドパリ(DLP)のアトラクションは、絶叫系アトラクションが充実しています。アトラクションと言えば「絶叫」!!スリルや爽快感を求めて方々にオススメ!。パリのディズニーのアトラクションを、実際に乗って怖いと感じた順にランキング形式で紹介します。
上海ディズニーランド怖いアトラクションランキングTOP5!絶叫系アトラクション紹介、絶叫苦手でも乗れる?
上海ディズニーランドには全25種類のアトラクションがあります。そのなかで、スリルを味わえる、「絶叫系アトラクション」に分類されるものを5つ。ランキング形式で紹介していきます。怖さレベルも付けていくので、絶叫系が苦手な人は乗れるかどうかの判断基準にしてみてください。
【上海】イグナイト・ザ・ドリームを有料席で見るべき理由!おすすめ鑑賞エリアを紹介【ディズニー】
上海ディズニーのショー「イグナイト・ザ・ドリーム」。有料席と無料席で見る2つの方法がありますが、有料席をオススメします。有料席で見た方が良い理由と、有料席を予約する方法から入場までの流れを解説します。合わせておすすめの鑑賞場所も紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました