ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!

ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!映画

ピクサー映画に毎回登場しているキャラクターをご存じでしょうか?

 

そう、映画冒頭に登場し飛び跳ねている「電気スタンド」ですね!

 

「PIXAR」の「I」の上をピョンピョン飛び跳ねては潰しちゃって、電気スタンドが「I」のポジションになる一連の流れで映画が始まります。

 

あの電気スタンドには、ちゃんと「ルクソーJr.」という名前がついています。

 

では、電気スタンドの「ルクソーJr.」が何故映画冒頭に登場するのでしょうか?

 

今回のブログでは、ピクサー映画に登場する電気スタンド「ルクソーJr.」について紹介します。

この記事で分かること

ピクサーに出てくる電気スタンド「ルクソーJr.」について
ルクソーJrとピクサーの関係
ルクソーJrの歴史

ピクサー映画には、赤い星と青いラインが描かれたボールが映ったり、別作品のキャラクターがカメオ出演したりと、遊び心溢れる演出がたくさんあります。

 

本編以外の小ネタを見つけるのも、ピクサー作品の楽しみ方の1つです。

【公式】Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

【ディズニー作品が見れるオススメ動画配信サービス】

Disney+ (ディズニープラス)(初回31日間無料)
・ディズニー作品だけが目的なら1番おすすめ!!
・レンタル料、追加課金がない!

UNEXT(無料体験登録あり)
・作品数の多さが魅力的!アニメ、映画、ドラマなんでもある
・漫画や雑誌もある

AmazonPrime
・普段からAmazonを使うならオススメ
・音楽も聴ける

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

ピクサー映画に出てくる電気スタンドの名前は「ルクソーJr.」

ピクサー映画に出てくる電気スタンドの名前は「ルクソーJr.」出典:Disney+ (ディズニープラス)

ピクサー映画の冒頭に登場して、PIXARの「I」の文字の上をピョンピョン飛び跳ねる電気スタンド

 

あの電気スタンドには、「ルクソーJr.」というちゃんとした名前が付いています。

 

そして、その電気スタンドの“ルクソーJr.”がメインキャラクターとして登場する作品も存在するのです。

 

この映画のオープニングに毎回登場するライトスタンドの”ルクソーJr.”は、ピクサーにとってかけがえのないキャラクターとなっています。

 

ルクソーJrについて、誕生の歴史やモデルなど、もう少し詳しく紹介していきます。

ルクソーJr.誕生の歴史

ピクサー映画に出てくる電気スタンドの名前は「ルクソーJr.」 ルクソージュニア誕生の歴史“ルクソーJr.”の誕生の歴史について紹介します。

 

電気スタンドのキャラクター”ルクソーJr.”が初登場した作品は、ピクサーが独立企業となった1年後の1986年に公開された『ルクソーJr.』という短編作品です。

 

この『ルクソーJr.』の監督を務めたのは、人気ピクサー映画『トイ・ストーリー』などの監督を務めたことのある”ジョン・ラセター“でした。

 

ジョン・ラセターがピクサーに移って初めて手掛けた作品と言うこともあり、非常に思い入れの強い作品でもありました。

 

当時のピクサーは今のようにアニメ制作ではなく、医療や政府機関を対象に、グラフィックコンピュータの開発を主としていました

 

アニメ制作に携わっていたのは、120人いる従業員のうち、ジョンラセターを含めた5人だったそうです。

 

もともと、『ルクソーJr.』と言う作品は映画館での公開というよりも、映像処理技術のデモ用の作品として作られていました。

 

なので、『ルクソーJr.』の初公開は映画館ではなく、1986年8月17日に開催されたコンピュータグラフィックス (CG) などの技術展示会「SIGGRAPH」だったのです。

 

「SIGGRAPH」にて、電気スタンドの物理的な特徴は生かしつつ、まるで子供の様に柔らかい動きで飛び跳ねたりするといった革新的な技術で注目を集めました。

 

そして、第59回アカデミー賞の短編アニメ部門にもノミネートされたことで、CGアニメ映画の可能性とピクサーの神髄が世に知れ渡ることになります

 

今日のピクサーの始まり、礎ともなった作品こそ『ルクソーJr.』であると言えるでしょう。

『トイ・ストーリー』以降のピクサー映画のオープニングロゴに登場

ピクサー映画に出てくる電気スタンドの名前は「ルクソーJr.」

『ルクソーJr.』という作品は、CG映画として初めてアカデミー賞にノミネートされた作品でもあると同時に、『ルクソーJr.』はジョン・ラセターがピクサーに移って初めて手掛けた作品です。

 

なので、非常に思い入れの強い作品でもありました。

 

そして、今のピクサーの礎を気づいた作品でもあります。

 

電気スタンドの”ルクソーJr.”は、ピクサーにとってかけがえのないキャラクターです。

 

なので、毎回映画のオープニングロゴに登場するのは必然とも言えますね。

モデルはジョンラセターの職場の電気スタンド

ピクサー映画に出てくる電気スタンドの名前は「ルクソーJr.」ルクソーが電気スタンドのキャラクターなのは、モデルがジョンラセターの職場にあった電気スタンドだったからです。

 

身近にあるものからここまで長年愛されるキャラクターを生み出すのが、さすがというからしいというか、とにかく驚きですね。

 

また、電気スタンドに子供の様な動きをさせたのは、ピクサーの”トム・ポーター”の息子から発想を得たとも言われています。

スポンサーリンク

『ルクソーJr.』のあらすじ

「ルクソーJr.」のあらすじ出典:Disney+ (ディズニープラス)

短編作品『ルクソーJr』のあらすじを紹介します。

電気スタンドの子供”ルクソーJr”がボールを見つけて楽しく遊んでいました。
ボール遊びにハマったのか、どんどんボールを転がして大はしゃぎ。はしゃぎすぎてしまい、やがてボールがパンクしてしまします。
しょんぼりして帰っていくルクソーJrを見て、しばらくおとなしくなるかと思う父親の電気スタンド”ルクソー”。
そう思った矢先、ルクソーJrはさっきよりも大きなボールを持ってきてまたまた大はしゃぎ。

電気スタンドの親子がボールで遊ぶというのが、この作品の内容です。

 

1986年公開の作品なので、当たり前ですが今のCG映像と比べれば見劣りしますが、これが20年以上も前に作られたと思うと驚愕のクオリティです。

『ルクソーJr.』を無料で見る方法

『ルクソーJr.』は、ピクサーの短編作品を集めた『ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版』に収録されています。

調べて見たところ『ルクソーJr』が見れる動画配信サービスは、Disney+ (ディズニープラス)のみでした。

AmazonPrimeビデオやU-NEXT、Huluなどと言った動画配信サービスでは、配信されていな

U-NEXTにて2021年2月21日まで配信されている『ピクサー・ショート・フィルム Vol.1』にルクソーJrが収録されています。(月額料金に加えて追加料金必要)
期間限定で配信されることもあるようです…?

 

ディズニープラスは、初回登録から1か月無料で全ての作品が見放題となります。

 

初めて利用する方は、ルクソーJrを含め無料で見ることができるので、気軽に試すことができます。

 

1か月以降も月額770円で配信作品全て見放題となっているので、もしディズニー映画を良く見るという方にはオススメの動画配信サービスです。

 

ディズニープラスでは、映画や短編作品だけではなく、映画やアトラクションに制作秘話だったり、作品の歴史を紹介するドキュメンタリー作品も多数配信されています。

 

例を挙げると、ピクサー・アニメーション・スタジオのクリエイター、芸術性、文化に焦点を当て、個人のエピソードや製作秘話を紹介していく『ピクサーの舞台裏』。

「ルクソーJr.」を無料で見る方法出典:Disney+ (ディズニープラス)

ピクサー・アニメーション・スタジオの草創期から現在に至るまでの歩みを、ジョン・ラセターやスティーブ・ジョブス、ジョージ・ルーカス、トム・ハンクスらの貴重な証言を挟みながら綴る『ピクサー・ストーリー スタジオの軌跡』。

「ルクソーJr.」を無料で見る方法出典:Disney+ (ディズニープラス)

上記の作品以外にも、ディズニープラスでしか見ることができない魅力的な作品がたくさんあります。

ディズニープラス限定配信!『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を描いたドラマシリーズが始動!!

スポンサーリンク

『ルクソーJr.』にも登場する星マークが描かれたボールの正体

『ルクソーJr.』にも登場する星マークが描かれたボールの正体

ピクサー映画には、ルクソーJr以外にもひそかに「あるもの」が登場しているのですがご存じでしょうか。

 

その「あるもの」というのが、”赤い星がと青いラインがプリントされた黄色いボール“です。

 

ピクサー映画『トイ・ストーリー』のアンディの部屋や『モンスターズインク』のプーの部屋におもちゃとして登場したり、ピクサー映画のとあるシーンにこっそり映っているのを見たことがある人もいるかもしれません。

 

また、過去にディズニーシーで開催されたイベント『ピクサープレイタイム』では、この星印の描かれた黄色いボールがオブジェとして登場していたので、パークで見たという方もいるでしょう。

 

このピクサーの象徴ともいえるボールは、『ルクソー・ボール(またの名をピクサー・ボール)』と言います。

 

前述のとおりピクサー作品でコッソリ映り込んでいるため、ファンの間では隠れミッキー的な存在となっています。

 

このボールは、『ルクソーボール』という名前から予想がつくと思いますが、短編作品『ルクソーJr.』でルクソーJrが遊んでいたボールです。

 

ルクソーJrがオープニングに登場するようになったのと同じく、このルクソーボールも、記念碑的な意味としてピクサー作品のどこかに必ず映るようになりました

 

映画の中のほんのワンシーンにしか登場せず、1回の視聴では気が付かないかもしれないくらいヒッソリと登場するボールですが、ピクサーにとってはとっても大切な物なんですね。

スポンサーリンク

その他ピクサー映画の小ネタ

ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと「ルクソーJr」って名前があるんです!!

ルクソーJrやピクサーボール以外にも。ピクサー映画には小ネタというか遊び心がたくさん盛り込まれています

 

例を挙げると以下のような要素です。

ピクサー作品の小ネタ

秘密のメッセージ「A113」
ピザプラネットの車が登場
別作品のキャラクターがカメオ出演

ピクサー映画は本編はもちろん面白いですが、所々にある遊び心あふれる演出も魅力ですね。

秘密の「A113」というメッセージ

ピクサー作品のとあるシーンには、秘密「A113」というメッセージが登場しています。

 

この「A113」という番号は、アメリカにあるカリフォルニア芸術大学内にある教室の番号です。

 

『ルクソーJr』や『トイストーリー』を手掛けたジョン・ラセターや『レミーのおいしいレストラン』のブラッド・バードなどが在籍していた大学で、このクラスを卒業していったアニメーターさん達が仲間うちでジョークとして作品にこっそり描いているようです。

 

ピクサー作品以外にも『アイアンジャイアント』や『アベンジャーズ』にも登場しています。

 

これも隠れミッキー的な存在で、見つけられたらラッキーですね!

【MCU】アベンジャーズを見る順番はこう

ピザプラネットの車が登場

ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!ピザ・プラネットの車というと、『トイ・ストーリー』に出てきたのを思い出す方も多いと思います。

 

実は、他のピクサー作品にもピザプラネットの車が登場しているのです。

別作品のキャラクターがカメオ出演

ピクサー映画では、次回作のキャラクターが前作の映画に登場をしていたり、別作品のキャラクターがカメオ出演をするなどの隠し要素もあります。

 

ピクサーが下記のような動画を公開しています。

Pixar Hidden Easter Eggs & Secrets | Disney

『メリダとおそろしの森』にサリーの彫刻が登場したり、『トイ・ストーリー3』にマックイーンに似たおもちゃが登場したり、『カールじいさんの空飛ぶ家』にロッツォがいたり、実はピクサー作品では別作品のキャラクターが登場しています。

 

比較的分かりやすいものあれば、これは気づかないでしょみたいなものなど様々です。

 

ピクサー映画を見る時は、ぜひ別作品のキャラクターが登場していないかにも注目してみてください。

スポンサーリンク

まとめ:ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!

まとめ:ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!

ピクサー映画のオープニングに登場する電気スタンド”ルクソーJr.”について紹介しました。

 

あのライトスタンドは、『ルクソーJr.』という作品に登場しており、CG映画として初めてアカデミー賞にノミネートされた作品でもあると同時に、ジョンラセターがピクサーに移って初めて手掛けた作品なので、思い入れも強いです。

 

そして、今日のピクサーの礎ともいえる作品、キャラクターですので、映画の冒頭に必ず出演するのは不思議ではないですね

 

以上、【ピクサーに出てくる電気スタンドは何者?ちゃんと名前があるんです!!】という記事でした。

ディズニープラスが英語学習にオススメの5つの理由!子供にもオススメな映画が豊富!!

Disney+ (ディズニープラス)を1か月無料で試す

スポンサーリンク

ディズニー/ピクサー作品が見れる動画配信サービス

ディズニー/ピクサー作品が見れる動画配信サービス

ピクサー映画が見られる動画配信サービスはいくつかありますが、私がオススメするのは以下の3つです。

【ピクサー映画が見れるオススメ動画配信サービス】

Disney+ (ディズニープラス)(初回31日間無料)
・ディズニー作品だけが目的なら1番おすすめ!!

UNEXT(無料体験登録あり)
・作品数の多さが魅力的!アニメ、映画、ドラマなんでもある
・漫画や雑誌もある

AmazonPrime
・普段からAmazonを使うならオススメ
・音楽も聴ける

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

Disney+ (ディズニープラス)であれば、月額料金を払えば追加課金なしでディズニー/ピクサー映画が全て見放題となります。

 

そして、当たり前ですがディズニーコンテンツに関しては、他サービスを圧倒しています。

 

なので、『ルクソーJr.』などの少しマイナーな作品も配信されています。

 

更に今なら、初回登録から31日は無料で利用可能。

 

ディズニー/ピクサー映画以外に見たい映画やドラマが無い場合は、Disney+(ディズニープラス)に登録するのが良いでしょう。

Disney+ (ディズニープラス)の登録はこちら

 

Disney+(ディズニープラス)以外だと、「U-NEXT」もオススメ。

 

月額1,990円(税抜)で140,000本の動画が見放題、20,000本の動画をレンタル可能とあるように、作品数が圧倒的に多いです。

 

また、電子書籍もあるので、漫画や雑誌も読むことができます。

 

U-NEXTに登録しておけば他のVODを利用しなくても良いくらい作品数は網羅しています

 

ディズニー/ピクサー作品は見放題作品に入っていないものもあるので、別途レンタル料がかかってしまうので注意が必要です。

 

しかし、独自サービスとして毎月1,200円ポイントが付与され、ポイントを使うことで見放題作品にラインナップされていない最新映画がレンタルできるので、上手く利用すれば追加課金の必要がありません。

U-NEXTの登録はこちら

 

普段から、Amazonを利用しているのであれば、AmazonPrimeもアリです。

 

Prime会員限定の商品セールなどもあったり、何かとお得なサービスとなっています。

AmazonPrimeの登録はこちら

本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

ディズニープラスの日本オリジナル作品一覧!日本版は海外版とは違い4Kには対応していない?
ディズニープラスにはたくさんの見放題作品がありますが、日本版のディズニープラスにしかない日本オリジナル作品があります。どれも見ればディズニーにより引き込まれる番組となっています。今回のブログでは、ディズニープラスの日本オリジナル作品について紹介していきます。
ディズニーアニメ映画で実写化した作品とこれから公開予定の作品一覧
『美女と野獣』や『アラジン』など、ディズニーの人気アニメ映画の実写化が話題になることが増えましたね。本記事では、ディズニーの歴代の実写映画作品と、これから公開予定の実写映画作品を紹介します。実写版の映画は、オリジナルのアニメ版を知らなくても楽しめる作品となっているので、気になる作品はぜひ鑑賞してみてほしいです。
Disney+(ディズニープラス)はPS4・PS5非対応?テレビで見る方法を7つ紹介!
Disuney+(ディズニープラス)はPS4などのゲーム機器には対応していません。しかし、PS4を使う以外にもFire TV StickやChromecastなどを使えばテレビで再生できます。その他、HDMIで端末とテレビで接続するやり方やスマートテレビを導入する方法なども色々。ディズニープラスをテレビで見る方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました