【TDS】インディジョーンズアドベンチャーの若さの泉はどこにある?

【TDS】インディジョーンズアドベンチャーの若さの泉はどこにある?ディズニーシー

東京ディズニーシーのアトラクションの1つ『インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』。

 

インディ・ジョーンズ博士の助手”パコ”が開催する、魔宮にあるという「若さの泉」を探す遺跡観光ツアーに参加できるアトラクションです。

 

遺跡ツアーの最中、魔宮の守護神”クリスタルスカル”の怒りに触れたことで訪れる罠の数々を猛スピードで駆け抜ける、スリル満点のアトラクションとなっています。

 

猛スピードで走り抜けるので「若さの泉」を見つけられなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、「若さの泉」は存在しているのか疑問に思っている方もいるかもしれません。

 

今回のブログでは、TDSのインディジョーンズのアトラクションの若さの泉について解説していきます。

この記事で分かること

インディジョーンズのアトラクションの若さの泉について
インディジョーンズのアトラクションの若さの泉の場所
インディジョーンズのアトラクションと映画について

自分で探したい、自分で存在の有無を確かめたいという方は、注意してください。

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニーホテルの宿泊予約ができる旅行サイト

JTB
楽天トラベル
じゃらん 
Yahoo!トラベル
るるぶトラベル
一休

※各リンクをクリックするとディズニーホテルのプランのページを閲覧できます。

 

スポンサーリンク

インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮について

まず初めに、アトラクション『インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』の基本的な情報を紹介します。

 

インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮は東京ディズニーシーのロストリバーデルタにあるアトラクションです。

インディジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

<タイプ>
・ライドタイプ

<ファストパス>
・あり

<場所>
・ロストリバーデルタ

<利用制限>
・身長117cm未満NG
・妊娠中の方NG
・高齢の方NG
・高血圧の方、心臓・脊髄・首に疾患のある方、アトラクションの利用で悪化の恐れがある方NG
・体格によって拘束装置が正常に下がらない方NG

<所要時間>
・約3分

<定員/収容人数>
・12名

<怖さ>
★★★★☆☆

地図

インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮について出典:【公式】東京ディズニーリゾート

ディズニーシーの奥の方に位置しており、神殿のようなものがそびえ立ってあるので分かりやすいと思います。

 

考古学者”インディ・ジョーンズ博士”が調査している遺跡を舞台に、助手の”パコ”が勝手に開催した「若さの泉」を探しに行くツアーに私たちゲストが参加する、というのがアトラクションのストーリーです。

 

私たちゲストは、ジープ型の車に乗り、クリスタルスカルの魔宮を探検するのですが、魔宮の守護神”クリスタルスカル”の怒りに触れてしまったことで、数々の災難が降りかかっています。

 

遺跡の罠を避け、クリスタルスカルの呪いから逃げるため、猛スピードで走り抜ける絶叫系、スリル系アトラクションになります。

 

インディ・ジョーンズのアトラクションは、平日でも60分前後、休日には100分前後の待ち時間になることもあります。

 

しかし、インディ・ジョーンズのアトラクションは、ファストパスとシングルライダーに対応しています。

 

なので、それらを活用することで短い待ち時間でアトラクションを楽しむことが可能です。

2022年現在、コロナウイルス感染拡大防止のためパーク運営が通常とことなり、ファストパスのサービスは休止しています。
変わりに「スタンバイパス」と呼ばれるシステムが導入されましたが、インディジョーンズのアトラクションはスタンバイパス対象外となっています。
スタンバイパスとは?ファストパスとの違い

 

スポンサーリンク

【TDS】インディジョーンズアドベンチャー若さの泉はどこにある?

【TDS】インディジョーンズアドベンチャー若さの泉はどこにある?

インディジョーンズのアトラクションの目的ともなっている「若さの泉」。

 

この「若さの泉」はどこの場所になっているのでしょうか?

 

というかそもそも「若さの泉」は存在するのでしょうか?

 

実は「若さの泉」は、遺跡に入ってすぐ、つまりアトラクションの序盤に登場するのです。

 

インディジョーンズのアトラクションのライドとなっているジープに乗り、キャストの方々に見送られ少し進むと、クリスタルスカル(水晶の骸骨)が見えてきます。

 

クリスタルスカルが怒りだし、この後、ライドは左へ急旋回。

 

ここで右側に注目するべきポイントがあります。

 

左折した時に右側の壁を見ていると、ユラユラと水が反射したような青白い光が壁に映っているのを目にすることができます

 

この光こそが、若さの泉に反射した光なのです。

 

壁の陰になっているので、ゲストからは直接若さの泉を見ることができず、反射した光のみが見えます。

 

ライドのスピードもあり、見られるのはほんの一瞬です。

 

タイミングとしては、クリスタルスカルが光って左折した後に起こる稲妻との間なので見逃さないよう注意です。

 

そもそも「若さの泉」とは?

そもそも「若さの泉」とはどんな物なのでしょうか

 

インディジョーンズのアトラクションでも登場する「若さの泉」とは、その名の通り、口にすると永遠の若さを手に入れられるという水がある泉です。

 

若さの泉は、何百年もの間、多くの人々が探し求めてきました。

 

そして、ついにその「若さ泉」を発見したのが、世界的にも有名な考古学者”インディ・ジョーンズ博士”なのです。

Disney+ (ディズニープラス) dアカウント専用

「若さの泉」発見のニュースが聞ける?

インディ博士が古代神殿で「若さの泉」を発見したとのニュース速報は、中央アメリカのジャングルで放送されているラジオで流れました。

 

ラジオ放送は、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」や「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」のほか、蒸気船の待合室でも耳にすることができます

 

また、ラジオではニュース以外にも、毒ヘビ特効薬や絶対沈まない船など、うさんくさい商品のコマーシャルも流れますので、ぜひラジオを聞いてみてください。

スポンサーリンク

アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズについて【2023年最新作公開予定】

アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】

ディズニーシーのアトラクション『インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮』は、元になった映画があります。

 

その映画というのが『インディ・ジョーンズ』シリーズです。

 

記事公開時の2022年2月現在で、4作品が公開されています。

 

そのシリーズ4作目となる『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』には、アトラクション同様“クリスタル・スカル”が登場します。

 

映画とアトラクション自体、ストーリーの繋がりはないので映画を見ていなくもアトラクションは十分楽しめます

 

ただ、映画を見ているとアトラクションの世界観だったり、造り込みの凄さに感激すると思いますので、興味があれば見てほしいです。

 

そんなインディジョーンズシリーズ最新作の『インディ・ジョーンズ5』が2023年6月に公開予定です。

 

インディ・ジョーンズが見れる動画配信サービスもあるので、最新作に合わせてシリーズを追ってみてはいかがでしょうか。

 アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】インディ・ジョーンズ
失われたアーク《聖櫃》
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】インディ・ジョーンズ
魔宮の伝説
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】インディ・ジョーンズ
最後の聖戦
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】インディ・ジョーンズ
 クリスタ・ルスカルの王国
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】 2,189円/月
31日間無料

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】
880円~/月
×××
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】
500円/月
2週間無料

(別途レンタル料必要)


(別途レンタル料必要)


(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】
1,026円/月
2週間無料

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)
アトラクションの元になった映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ【2022年最新作公開予定】
550円/月
31日間無料

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

(別途レンタル料必要)

 

ちなみに、ディズニーシーのロストリバーデルタの川に座礁しているプロペラ飛行機を見たことがある方もいると思います。

 

あれは、クリスタルスカルの魔宮を探検に来たインディ・ジョーンズ博士のものと言われています。

スポンサーリンク

映画に「若さの泉」は登場しない?

映画に「若さの泉」は登場しない?

東京ディズニーシーの「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」は、『インディ・ジョーンズ』シリーズを元にしたアトラクションのです。

 

インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』では、アトラクションにも登場する“クリスタル・スカル”が登場しますが、「若さの泉」は登場しません

 

他シリーズでも同様に、若さの泉はそのワードすら登場しません。

 

なので、「若さの泉」東京ディズニーシーのアトラクションオリジナルの設定なのですね。

映画にはパコも登場しない?

「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」にて、魔宮の探検ツアーを企画しているインディ博士の助手の”パコ”

 

アトラクションの待機列にて、パコが登場するアトラクションに乗る時の注意点や安全確認の映像を見ることができます。

 

ぽっちゃりとした見た目に能天気なキャラクターで、インディのアトラクションでパコの映像が楽しみという方もいるくらいファンも多いです。

 

そんなパコですが、実はインディジョーンズシリーズの映画にパコは登場していません

 

若さの泉同様、アトラクションオリジナルの設定なのです。

 

パコに会えるのは東京ディズニーシーのみなので、ある意味レアキャラクターですね!

スポンサーリンク

「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の怖さ

「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の怖さ

上記までで「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の若さの泉について紹介しました。

 

まだインディジョーンズのアトラクションに乗ったことがないという方は、若さの泉も気になるところですが、どのようなアトラクションかも気になるところだと思います。

 

スリルのある絶叫系に分類されるアトラクションなので、激しいアトラクションが苦手な方は、自分が乗れるかどうかも気になると思います

 

インディジョーンズのアトラクションは、最高速度はそこまで速くなく、落下高さもそこまで高くありません。

アトラクションの動きとしては、物凄いデコボコ道を走る車のようなイメージで、小刻みに上下左右に振られるので、動きの激しいアトラクションではありますが、急降下する時のフワッと内臓が浮くような浮遊感はありません

 

なので、普段ジェットコースターやフリーフォール系のアトラクションに乗れないという方でも乗れたりします。

 

しかし、暗い洞窟の中を進んで行くので、アトラクション全体の雰囲気や演出は不気味、ホラー寄りです。

 

なので、恐怖心が煽られる、そういった怖さがあるので、ホラー系が苦手という方は怖いと感じるかもしれません。

 

インディジョーンズのアトラクションの怖さや怖さを軽減させる方法については、下記のブログで紹介しているので参考にしてみてください。

ディズニーシーの絶叫系アトラクションランキング

スポンサーリンク

まとめ:【TDS】インディジョーンズアドベンチャーの若さの泉はどこにある?

まとめ:【TDS】インディジョーンズアドベンチャーの若さの泉はどこにある?

東京ディズニーシーのアトラクション「インディ・ジョーンズ®アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」の『若さの泉』の場所について紹介しました。

 

ゲストの私たちは直接見ることはできませんが、泉に反射した光を目にすることができ、その存在を確認することができます。

 

アトラクション序盤の一瞬なので、要注目です。

 

若さの泉が気になる方は、ぜひアトラクションに乗って確認してみてください。

 

以上、【TDS】インディジョーンズアドベンチャーの若さの泉はどこにある?という記事でした。

ディズニーホテルの宿泊予約ができる旅行サイト

JTB
楽天トラベル
じゃらん 
Yahoo!トラベル
るるぶトラベル
一休

※各リンクをクリックするとディズニーホテルのプランのページを閲覧できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました