雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?

雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?ディズニー

楽しみにしていたディズニー。しかし天気予報は雨

 

せっかくのディズニーなのに雨なんて、とガッカリしてしまうかもしれません。

 

しかし、たとえ雨だったとしても、ディズニーには楽しみがたくさん

 

今回のブログでは、雨の日のディズニーに必要な持ち物や楽しみ方について紹介します。

この記事で分かること

ディズニーが雨の日の持ち物
雨の日のディズニーにオススメの靴
雨の日ディズニーの楽しみ方

雨の日のディズニーに傘で行くか、レインコートで行くか迷うところですが、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

【公式】Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

ディズニーホテルの宿泊予約ができる旅行サイト

JTB
楽天トラベル
じゃらん 
Yahoo!トラベル
るるぶトラベル
一休

※各リンクをクリックするとディズニーホテルのプランのページを閲覧できます。
スポンサーリンク

雨の日ディズニーの持ち物一覧!

ディズニーに行く日があいにくの雨

 

そんな時に悩まされるのが「持ち物」。

 

雨具が必要か、替えの靴下は持っていた方がいいか、などなど。

 

しかし、あれもこれもと持ち物に加えてしまうと、大荷物になって大変ですよね。

 

そこで、雨の日のディズニーに持って行く持ち物をまとめました。

雨の日ディズニーの持ち物


レインコート
タオル
替えの靴下
ビニール袋
上着

上記の持ち物があれば、雨の日のディズニーも過ごしやすくなります。

雨の日ディズニーの持ち物一覧!雨の日に必須アイテム「」。

 

雨の程度にもよりますが、自分の場合はスゴイ土砂降りなら大きい傘、それ以外は折り畳み傘を持って行くことが多いです。

 

傘とレインコートのメリット・デメリットについては、後述で詳しく紹介します。

 

個人的にオススメしたいのは、晴雨兼用の傘です。

 

夏場は日傘として大活躍しますし、急な夕立が来ても安心。

折り畳み傘なら、専用の傘ケースもあると便利です。

ケースの内側が吸水性のあるマ生地になっているので、濡れた傘をそのまま収納できるようになっています。

レインコート・ポンチョ

雨の日ディズニーの持ち物一覧!

レインコートポンチョがあると雨の日のディズニーもかなり快適になります。

 

傘とレインコートのメリット・デメリットについては、後述で詳しく紹介しますが、レインコートだと両手がフリーになるのでスマホで写真を撮ったりする時などは便利に感じると思います。

 

レインコートは、パーク内のショップでも販売しています。

 

キャラクターがデザインされた可愛いものもあるので、雨でも楽しくパークで遊ぶことができます。

 

レインコートを着用してパークで遊ぶ際は、屋内アトラクションやショップ、レストランに入る時は脱ぐ必要があるので注意してください。

タオル

雨の日ディズニーの持ち物一覧!雨の日のディズニーは、タオルも必要ですね

 

傘やレインコートがあっても濡れる時は濡れます。

 

服やカバンを拭いたりと何かと出番は多いです。

 

ハンドタオルと、少し大きめのタオルとで、複数枚持って行くとなにかと便利

 

フード付きタオルなど、少量の雨を一時的にやり過ごすのに便利なタオルもあります。

替えの靴下

雨の日ディズニーの持ち物一覧!替えの靴下も持って行くのがオススメ。

 

雨のディズニーを歩き回ると、靴の中に水が入って靴下が濡れることもあります。

 

濡れたままの靴下で過ごすと、不快感が付きまといます。

 

慣れてしまえば気にならないと思うかもしれませんが、乾いた靴下に変えると快適さが結構違ってきます。

 

予備の靴下は2、3組くらい持って行くのがオススメです。

ビニール袋

ビニール袋は何かと重宝します。

 

濡れた靴下やタオルをしまっておく時や、折り畳み傘をしまっておく時など、雨の日はビニール袋が何かと活躍します。

 

大きさ別に複数枚持って行くのが良いでしょう。

 

パーク内のショップで買い物した時にも貰えますが、1枚20円の料金がかかります。

上着

雨の日ディズニーの持ち物一覧!

雨が降ると気温も下がり、予想よりも肌寒く感じることもあります。

 

そんな時に備えて、上着を持って行くことをオススメします。

 

家を出る時は気にならなくても、雨で濡れたり雨のなか屋外にいると寒くなってくるので、季節・気温に合わせてサッと羽織れる上着があると安心です。

スポンサーリンク

ディズニーが雨の日は傘とレインコートどっちがいい?【メリット・デメリット】

ディズニーが雨の日は傘とレインコートどっちがいい?【メリット・デメリット】

雨の日のディズニーに傘で行くか、レインコートやポンチョで行くかは迷い所です。

 

それぞれのメリット・デメリットを挙げると、次のようになります。

傘のメリット
●室内への出入りが楽
●顔が濡れにくい
傘のデメリット
●片手がふさがる
●鞄や荷物が濡れる
レインコートのメリット
●荷物が濡れにくい
●両手が空いて身動きがとりやすい
●防寒具になる
レインコートのデメリット】
●着脱に手間がかかる
●顔が濡れる

傘、レインコート、どちらも一長一短ありますが、どちらか1つを選ぶならレインコートのほうが優位と言う感じでしょうか。

 

遊び方にもよりますが、パークで過ごす時間の多くは屋外のことが多いです。

 

傘だと肩から上くらいまでは雨を防げますが、カバンなど荷物が濡れてしまうことが多々あります。

 

レインコートやポンチョだと、リュックを背負った状態など、荷物ごと覆い隠すように着ることができますし、丈の長い物であれば服やズボンも雨から防ぎやすくなります。

 

また、レインコートの場合は、両手が空くのでスマホで写真を撮ったり、飲食をする時などは傘よりも快適です。

 

他にも、冬時期など雨が降ると寒くなった時に、レインコートが防寒具変わりにもなります。

 

ただ、屋内アトラクションやショップ・レストランに行くときはレインコートを脱ぐ必要があるので、グリーティング施設やレストランに行く予定が多い方は傘の方のほうが快適に過ごせると思います。

 

レインコートやポンチョの場合、フードで雨を防いでいるので顔は濡れてしまいます。

 

顔を濡らしたくない時は、傘の方が良いでしょう。

 

雨の降り具合を見て、傘とレインコートにするか、両方使うか検討するのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

雨の日のディズニーにオススメの靴

雨の日のディズニーにオススメの靴

ディズニーに行く日が雨の時は、レインブーツ長靴がオススメです。

 

靴が濡れてしまうと靴下まで水が染みてきてしまいます。

 

替えの靴下があれば良いかもしれませんが、防げるなら防ぎたいことですよね。

 

そんな時は、撥水加工が施されたレインブーツや長靴が最適です。

もし1日中雨予報ではない、雨が降るか微妙、という時はレインシューズもオススメ。

夏であればサンダルにするという手もあります。

スポンサーリンク

雨の日ディズニーの楽しみ方

ディズニーに行く日が雨だと、ちょっとガッカリしちゃいますよね。

 

しかし、雨の日のディズニーだからこそ味わえる楽しみもあります。

雨の日ディズニーの楽しみ方

●雨コスチュームのキャラクターに会える
●雨の日限定のパレード
●雨の日限定のグッズがある
●雨の日に見れる景色を見れる

雨の程度にもよりますが、小雨のようにそこまで強くない雨の場合、通常のショーやパレード、屋外のフリーグリーティングなど、キャラクター達がレインコートを来た姿で登場します。

雨の日ディズニーの楽しみ方

また、雨によって東京ディズニーランドの夜のパレード「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」が中止になると、雨の日限定のパレード「ナイトフォール・グロウ」が開催されます。

雨の日ディズニーの楽しみ方

他にも、東京ディズニーランドの「ジャングルカーニバル」、東京ディズニーシーの「アブーズバザール」では、雨の日だけ貰えるグッズがあります。

 

ジャングルカーニバル、アブーズバザールは、成功すると景品がもらえるゲームコーナーです。

 

ゲームに失敗しても参加賞としてチャームを貰うことができます。

 

このチャームが雨の日だと、通常と異なるデザインになるのです。

 

雨が降った時は、ぜひジャングルカーニバル、アブーズバザールに挑戦してみてください。

 

そして、雨の日だからこそ見ることのできる美しいパークの景色もあります。

 

いつもと雰囲気が異なる幻想的な風景。

 

そんな景色が観れると思えば雨の日もパークに行きたくなりますね。

 

雨の日だけ出会える楽しみを知っているだけで、たとえディズニーに行く日が雨だったとしてもパークに行くのが待ち遠しくなりますね。

スポンサーリンク

ディズニーに行くときの必需品

雨の日、晴れの日に限らず、ディズニーに行く際は、ディズニーに行くなら絶対に持って行かなければならない、必需品が4つあります。

ディズニーに必須の持ち物

・入園チケット
・スマートフォン
・財布、お金
・モバイルバッテリー

これらは季節、天候関係無く、ディズニーに必ず必要な持ち物ですので、忘れないように注意しましょう。

入園チケット

ディズニーに行くときの必需品

入園チケット」が無いとパークに入ることができません。

 

紙のチケットにしろ電子チケットにしろ、入園チケットは一番大事な持ち物ですので、絶対に忘れないように注意しましょう。

スマートフォン

ディズニー関係なく忘れると不便ですが、パークでも「スマートフォン」必需品です。

 

一緒に来た家族、友人との待ち合わせなどの連絡手段はもちろん、ディズニー公式アプリを使用するのにも必要です。

 

特にディズニー公式アプリでは、アトラクションの待ち時間を確認できたり、ショー鑑賞の抽選ができたり、何かと便利。

 

アプリやオンラインでチケットを購入して、スマホでチケットを表示させる場合は特に忘れないように注意しましょう。

 

ディズニー公式アプリの使い方は、下記記事にて解説しています。

財布、お金

パークでお買い物、レストランで食事をするなら財布・お金は必要です。

 

パーク内のほとんどのショップやレストランではクレジットカード、一部電子マネーでの支払いが可能となっています。

 

ですが、ポップコーンやチュロスを売っているワゴンタイプのお店など現金のみでしか買い物できない場所もあります

 

パーク内にもATMはありますが、多少の現金は持って行った方が良いでしょう。

モバイルバッテリー

ディズニーに行くときの必需品モバイルバッテリーもあるとかなり助かります。

 

アトラクションやショーの待ち時間に暇つぶしにスマホをいじったり、写真や動画を取ってSNSに投稿したりと、パーク内でスマホを使う機会はたくさんあります。

 

ディズニー公式アプリも使用するとなると、気づけば充電が無くなってしまうことも。

 

何回も充電できる大容量モバイルバッテリーも便利ですが、サイズが大きすぎるのも逆に荷物になるので、スマホ2回分くらい充電できる10,000mAhのモバイルバッテリーが丁度良いでしょう。

スマホを2回分充電できる容量でありながら、片手でも握れるくらいコンパクトサイズのモバイルバッテリー。

 

ほとんどのスマホに急速充電もできるのでコスパ抜群です。

アウトドア、災害対策グッズの1つですが、ソーラーパネル搭載モバイルバッテリーも便利。

 

ショーやパレードの待ち時間に太陽光に当てておけば自動的に電力を作り、本体へ蓄電してくれます。

 

ちょっとサイズが大きいのが難点。

 

ディズニーでスマホが使えないとなると一気に不便になりますので、モバイルバッテリーは持って行った方がいいですね。

 

下記記事でディズニーにおすすめのモバイルバッテリーを紹介しています。

もし、モバイルバッテリーを忘れてしまって、スマホの充電が無くなってしまった!そんな時の対処方を↓の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

まとめ:雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?

まとめ:雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?

雨の日のディズニーにあると便利な持ち物について紹介しました。

 

楽しみにしていたディズニーが雨だとガッカリしてしまいそうになりますが、雨の日のディズニーだからこそ味わえる楽しみもあります。

 

雨の日のディズニーを楽しむためにも、傘やレインコート、タオルなど、持ち物はしっかり確認しておきましょう。

 

以上、【雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?】という記事でした。

雨の日ディズニーの持ち物一覧!傘とレインコートのメリット・デメリットは?

Disney+ (ディズニープラス)

冬ディズニーの持ち物リスト!ショー・パレード待ちにもおすすめの防寒グッズを紹介します【冬のディズニーは寒い】
冬ディズニーの持ち物に防寒グッズはかかせません。冬ディズニーは寒いので、アトラクションに並んでいる間、ショーやパレードを待っている間は寒さと戦いとなります。防寒グッズなしだとかなりキツイです。この記事ではディズニーにおすすめの防寒グッズを紹介します。
【夏ディズニーの持ち物】2021年最新おすすめアイテム10選!冷感グッズ・暑さ・熱中症対策紹介
夏ディズニーで注意したいのが「暑さ」。暑さ熱で体調を崩してはせっかくのディズニーが台無しです。今回は熱中症や日焼け、紫外線対策におすすめのアイテムを紹介します。冷感グッズなどを使って夏の暑いディズニーも快適に満喫しましょう。
ミラコスタ宿泊をオススメする理由!予約方法とコツも紹介【キャンセル拾いが狙い目】
ディズニー直営ホテルで1番人気のホテルミラコスタ。なぜ、ミラコスタがこれほどまでに人気なのかというと、宿泊をオススメする理由が多くあるからです。非常に予約は困難ですが、ミラコスタの予約を取るコツも紹介します。
ディズニーホテルの宿泊予約ができる旅行サイト

JTB
楽天トラベル
じゃらん 
Yahoo!トラベル
るるぶトラベル
一休

※各リンクをクリックするとディズニーホテルのプランのページを閲覧できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました