ディズニーのキャッシュレス決済!使える種類や施設、注意点やメリットまとめ!

ディズニーのキャッシュレス決済!使える種類や施設、注意点やメリットまとめ!ディズニー

ディズニーランド・ディズニーシーのパーク内にあるショップやレストランでは、クレジットカード電子マネーによるキャッシュレス決済が可能です。

 

ですが、全てのショップやレストランで対応しているわけではありません。

 

また、対応していない電子マネーがあったり、1度のお会計での利用限度額など、注意点もいくつかあります。

 

今回の記事では、ディズニーのキャッシュレス決済情報をまとめました。

この記事で分かること

ディズニーのキャッシュレス決済情報
ディズニーで使えるクレジットカード
ディズニーで使える電子マネーの種類
ディズニーでキャッシュレス決済するメリット

 

今では現金でのお会計よりも、クレジットカードや電子マネーでの決済をメインに行っているので、キャッシュレス決済にして感じたメリットも紹介していきます。

スポンサーリンク

東京ディズニーリゾートで利用できるキャッシュレス決済

東京ディズニーリゾートで利用できるキャッシュレス決済

東京ディズニーリゾートでは、現金以外の支払い方法として、以下の4つのキャッシュレス決済ができます。

東京ディズニーリゾートで利用できるキャッシュレス決済

クレジットカード
電子マネー(ショップ、レストランおよび一部のサービス施設のみ)
デビットカード
プリペイドカード

 

ディズニーリゾートでは、クレジットカードや電子マネーでのキャッシュレス決済が可能ですが、一部施設では使用不可であったり、対応していないクレカや電子マネーもあります。

 

それぞれの決済方法について、もう少し詳しく解説していきます。

スマホでのQRコード決済は不可

PayPay(ペイペイ)や、楽天ペイ(R Pay)、LINE Pay、d払い、au PAY、メルペイなどのスマホQRコード決済不可となっています。

スポンサーリンク

ディズニーで使えるクレジット決済

ディズニーで使えるクレジット決済

ディズニーではクレジットカードによる支払いが可能です。

ディズニーで使えるクレジットカード

JCB
VISA
マスター
アメックス(アメリカンエキスプレスカード)
ダイナースクラブ
銀聯(ギンレンカード)
ディスカバーカード

VISAやマスター、JCBなど、基本的にはだいたいのクレジットカードが使えると思って大丈夫です。

 

しかし、日本以外で発行されたマスターカードについては、一部利用できない場合があるのでその点については注意が必要です。

パーク内でクレジットカードが利用できる場所

ディズニーで使えるクレジット決済!パーク内でクレジットカードが利用できる場所

パーク内にある「ショップ」や「レストラン」、「サービス施設」などでクレジットカードによる支払いが可能です。

パーク内でクレジットカードが使える場所

ショップ
バルーンベンダーやマジカルライトベンダーは利用不可

レストラン

ポップコーンワゴン/アイスクリームワゴン

サービス施設
ベビーカー&車イス・レンタルなど

 

しかし、「ショップ」のうち“バルーンベンダー”や”マジカルライトベンダー”では、クレジットカードによる会計はできません

バルーンベンダー
パーク内でバルーンを販売しているキャストさん。
ワールドバザールやメディテレーニアンハーバーにいることが多いです。

マジカルライトベンダー
光るグッズを販売しているキャストさん。
夜のパレード前などにパレードルートにいることが多いです。
キャストさんによる移動販売では、クレジットカードが利用不可という認識でよいかもしれません。

 

ワゴン販売についても、ポップコーンなどを売っている一部ワゴンではクレジットカードでの買い物が可能です。

 

ポップコーンワゴンやアイスクリームワゴンなどの『レジが設置されているワゴン』では、クレジットカードが利用可能です。

 

対して、ドリンクなど、レジが設置されておらず、『キャストさんがハンディタイプのバーコードリーダーを使うワゴン』についてはクレジットカードが利用不可となっています。

ディズニーホテルでクレジットカードが利用できる場所

ディズニーで使えるクレジット決済!ディズニーホテルでクレジットカードが利用できる場所

ディズニーホテルのラウンジでの会計ホテル内のレストランでもクレジットカードが利用できます。

 

また、各ディズニーホテル内にあるパークグッズを販売するショップでも、クレジットカードでの支払いが可能です。

 

その他、東京ディズニーランドホテルにある「ビビディ・バビディ・ブティック」、専用のフォトスタジオ「マジックメモリーフォト」でもクレジットカードが使えます。

ディズニーホテルでクレジットカードが利用できる場所

ラウンジでの支払い

各ディズニーホテル内のショップ
アンバサダーホテル:フェスティバルディズニー
ディズニーランドホテル:ディズニー・マーカンタイル
ホテルミラコスタ:ミッキランジェロ・ギフト

ビビディ・バビディ・ブティック

マジックメモリーフォト

 

ボンボヤージュでもクレジット決済可能

JR舞浜駅の近くにあるディズニーショップ『ボン・ヴォヤージュ』でも、クレジットカードによる決済が可能です。

クレジットカードの注意点:クレジットカードが使えない場所と買えないもの

ディズニーでクレジットカードを使う時の注意点:クレジットカードが使えない場所と買えないもの

ディズニーリゾート内で、クレジットカードが使えない場所もあります。

ディズニーでクレジットカードが使えない場所

バルーンベンダー/マジカルライトベンダー
ポップコーン、アイスクリーム以外のワゴン販売
有料アトラクションなど

 

パーク内でのバルーンベンダーマジカルライトベンダーポップコーン、アイスクリーム以外のワゴンでは、クレジットカードが使えません。

 

また、東京ディズニーランドの『シューティングギャラリー』や『ペニー・アーケード』など有料のアトラクションもクレジットカードが利用できませんので、遊ぶ予定の方は現金の用意をしておきましょう。

 

ディズニーランド、ディズニーシーには、ATMもあるのでもしもの時のために場所を覚えておくと良いかもしれません。

シューティングギャラリーでメダルをゲットするコツ!

 

また、以下の商品については、クレジットカードによる支払いでは購入することができません

クレジットカードで買えないもの

切手
ギフトカード
フードバウチャー(食事券)
スーベニアメダル
スポンサーリンク

ディズニーで使える電子マネー

ディズニーで使える電子マネー

ディズニーで使える電子マネーは、以下の3種類となっています。

ディズニーで使える電子マネー

QUICPay/QUICPay+(JCBが運営する決済サービス)

iD(NTTドコモが運営する決済サービス)

交通系IC(Suica/PASUMO/Kitaca/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCA)

 

QUICPay、iD、Suicaを登録したApple PayGoogle Payも利用可能となっています。

 

支払いによってポイントが貯まるメリットもあるのでオススメです。

 

また、モバイルSuicaApple Pay SuicaGoogle Pay Suicaにも対応しています。

QUICPay/QUICPay+
iD
交通系IC
楽天Edy×
nanaco×
WAON×

パーク内で電子マネーが利用できる場所

ディズニーで使える電子マネー!パーク内で電子マネーが利用できる場所

パーク内にある「ショップ」や「レストラン」、「サービス施設」などで電子マネーによる支払いが可能です。

パーク内で電子マネーが使える場所

ショップ
バルーンベンダーやマジカルライトベンダーは利用不可

レストラン

ポップコーンワゴン/アイスクリームワゴン

サービス施設
ベビーカー&車イス・レンタルなど

 

しかし、「ショップ」のうち“バルーンベンダー”や”マジカルライトベンダー”では、電子マネーによる会計はできません

バルーンベンダー
パーク内でバルーンを販売しているキャストさん。
ワールドバザールやメディテレーニアンハーバーにいることが多いです。

マジカルライトベンダー
光るグッズを販売しているキャストさん。
夜のパレード前などにパレードルートにいることが多いです。
キャストさんによる移動販売では、クレジットカードが利用不可という認識でよいかもしれません。

 

ワゴン販売についても、ポップコーンなどを売っている一部ワゴンでは、電子マネーが使えます。

 

ポップコーンワゴンやアイスクリームワゴンなどの『レジが設置されているワゴン』では、電子マネーが利用可能です。

 

対して、ドリンクなど、レジが設置されておらず、『キャストさんがハンディタイプのバーコードリーダーを使うワゴン』については、電子マネー利用不可となっています。

ディズニーホテルで電子マネーが使える場所

ディズニーで使える電子マネー!ディズニーホテルで電子マネーが使える場所

各ディズニーホテル内にあるパークグッズを販売するショップにて、電子マネーでの支払いが可能です。

 

また、東京ディズニーランドホテルにある「ビビディ・バビディ・ブティック」、専用のフォトスタジオ「マジックメモリーフォト」でもクレジットカードが使えます。

 

しかし、ホテルのラウンジやホテル内のレストランでは、電子マネーでの支払いはできません。

ディズニーホテルでクレジットカードが利用できる場所

各ディズニーホテル内のショップ
アンバサダーホテル:フェスティバルディズニー
ディズニーランドホテル:ディズニー・マーカンタイル
ホテルミラコスタ:ミッキランジェロ・ギフト

ビビディ・バビディ・ブティック

マジックメモリーフォト

 

ボンボヤージュでも電子マネー決済可能

JR舞浜駅の近くにあるディズニーショップ『ボン・ヴォヤージュ』でも、クレジットカードによる決済が可能です。

電子マネー注意点①:電子マネー決済できない場所と買えないもの

ディズニーで電子マネーを使う時の注意点①:電子マネー決済できない場所と買えないもの

ディズニーリゾート内で、電子マネーによる決済ができない場所もあります。

ディズニーで電子マネーが使えない場所

バルーンベンダー/マジカルライトベンダー
ポップコーン、アイスクリーム以外のワゴン販売
有料アトラクションなど

 

パーク内でのバルーンベンダーマジカルライトベンダーポップコーン、アイスクリーム以外のワゴンでは、電子マネーが使えません。

 

また、東京ディズニーランドの『シューティングギャラリー』や『ペニー・アーケード』など有料のアトラクションも電子マネーが利用できませんので、遊ぶ予定のある方はあらかじめ現金を用意しておきましょう。

また、以下の商品については、電子マネーによる支払いでは購入することができません。

クレジットカードで買えないもの

切手
ギフトカード
フードバウチャー(食事券)
スーベニアメダル

ディズニーランド、ディズニーシーには、ATMもあるのでもしもの時のために場所を覚えておくと良いかもしれません。

ディズニーから手紙を出す方法【ポストの位置を画像付きで解説】

電子マネーの注意点②:1会計の限度額

電子マネーでの支払いには、1回の会計時に限度額があります。

 

iD、交通系ICでの支払いの場合、1会計2万円までしか利用することができません。(QUICPayはお持ちの QUICPay の種類により異なります)

 

ショップでたくさんグッズを購入する時や、レストランで大人数の会計をまとめて行う時には、注意してください。

 

また、東京ディズニーランドホテルの「ビビディ・バビディ・ブティック」については、電子マネーでのお支払いが可能ですが、多くのコースが2万円を超えているので電子マネー以外の決済が良さそうです。

スポンサーリンク

ディズニーリゾートで交通系ICのチャージができる場所

ディズニーリゾートで交通系ICのチャージができる場所

パーク内では、交通系ICの残高のチャージができません

 

チャージしたい場合は、一度パークを出る必要があります

パークの再入園したい時は、パークを出る前に出口にいるキャストさんに再入園スタンプを押してもらう必要があります。
スタンプが無いと再入園できないので注意しましょう。
交通系ICでの支払いをする場合は、あらかじめ入園前にチャージを済ませておくのがオススメ。

 

交通系ICのチャージをする方法は、「ディズニーリゾートライン各駅にある販売機または窓口でチャージ(1,000円単位)」と「JR舞浜駅のきっぷ販売機または窓口でチャージ(1,000円単位)」の2つの方法があります。

 

もし、支払い時に残高不足となってしまった場合、交通系ICのみ不足分を現金またはギフト券で支払うことが可能です。

スポンサーリンク

ディズニーでキャッシュレス決済を利用するメリット

ディズニーでキャッシュレス決済を利用するメリット

私自身、パークでの会計だけでなく、日常生活でもクレジットカードや電子マネーでの支払いがメインとなっています。

 

実際に、パークでの支払いを現金からキャッシュレス決済にして良かったなと感じたことを紹介します。

ディズニーでキャッシュレス決済にするメリット

会計が楽そして早い

使った金額をチェックできる

ポイントが貯まる

 

1つ目のメリットは、パークでの会計が楽になりました。

 

現金での支払いだと、お札や小銭を出して、お釣りをもらうというやり取りが行われます。

 

キャッシュレス決済であれば、カードの提示もしくはスマホをかざすだけでOKです。

 

お釣りも発生しませんし、圧倒的に楽でしかも会計が速い

 

とにかく会計がスムーズなので、パークでの1分1秒を無駄にすることがありません。

 

2つ目のメリットは、使った金額のチェックが簡単というところです。

 

クレジットカードや電子マネーでの支払いだと、スマホやPCで支払いの履歴を見ることができます

 

なので、たとえレシートを無くしてもパークでいくらお金を使ったのかをチェックできます。

 

3つ目のメリットは、ポイントが貯まるという点です。

 

「クレジットカードでの支払いなら100円で1ポイント貯まる」といった、ポイントによる還元があったりしますよね。

 

自分は、パークの会計時に「楽天カード」か「JCBカード」を使うことが多いです。

 

楽天カードはポイント還元率が1%と高く、100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まって、1ポイント=1円として利用できます。

 

貯まった楽天ポイントは、楽天トラベルでも使用することができ、楽天トラベルでは「アンバサダーホテル」や「ホテルミラコスタ」の宿泊予約もできます

 

パークで買い物して、貯まったポイントを使ってディズニーホテルに安く泊まる、ちょっとお得な気分を味わえます。

 

JCBカードは、ディズニーのオフィシャルスポンサーということもあり、ディズニー関連の特典が多いです。

 

利用額に応じて付与されるポイント”okidokiポイント”で、好きな商品と交換することができ、その中にディズニー関連の商品も用意されています

 

また、「JCBマジカル」というキャンペーンがあり、期間中に一定の利用額に達すると応募できるようになります。

 

「JCBマジカル」とは、抽選で東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのパークチケットやディズニーホテルの宿泊が当たるキャンペーンです。

 

JCBカードを使うことで、ディズニー関連の特典やサービスを利用できるので、ディズニー好きには良いこと尽くめですね!

 

その他、各クレジットカードの特典やポイント還元など異なるので、自分に合ったキャッシュレス決済を選択することが良さそうですね。

スポンサーリンク

まとめ:ディズニーのキャッシュレス決済!使える種類や施設、注意点やメリットまとめ!

まとめ:ディズニーのキャッシュレス決済!使える種類や施設、注意点やメリットまとめ!

ディズニーでのクレジットカード利用、電子マネー利用の情報をまとめました。

 

ディズニーに行くと荷物が多くなりがちですし、グッズも買っていくと更に荷物が増えて財布を出すのも面倒くさくなりますよね。

 

スマホ1つで支払いができるのは、かなり便利!

 

ポイントも貯まるなどのメリットもありますし、もう現金での支払いには戻れませんね。

 

まだ、パークでキャッシュレス決済をしたことがないよ、という方は今回の記事を参考にしてみてください。

 

以上、【ディズニーのキャッシュレス決済!使える種類や施設、注意点やメリットまとめ!】という記事でした。

ディズニーオンラインフォトで写真を購入する方法!
ディズニーオンラインフォトを使えば、家に帰ってからでもパークで撮ってもらった写真を購入することができます。自分好みに編集したりすることも可能で、とにかく便利です。使って損なしのディズニーオンラインフォトについて紹介します。
ディズニーホテルの予約を取るコツはキャンセル拾い!満室でも諦めなければミラコスタ・ランドホテルにも泊まれる【根気が大切】
ミラコスタやランドホテル、ディズニーホテルは非常に人気で予約が困難。いつ見ても満室ということも良くあります。ですが、そんな時でもキャンセル拾いを狙いましょう。諦めなければディズニーホテルにも泊まれます。予約を取るためのキャンセル拾いのコツを紹介します。
マイ・アニバーサリーストーリーのプラン内容が素敵!予約方法とコツを紹介!!記念日に最高の時間を過ごすことができます
記念日を素敵なお祝いをしたい人におすすめしたのが「マイ・アニバーサリーストーリー」。美味しいコース料理にミッキーと一緒にパフェが作れるグリーティングできる贅沢すぎるお祝いのプランが堪能できる「マイ・アニバーサリーストーリー」は記念日に最適です。予約方法と予約のコツを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました